Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

ニューカレドニア㉕ ココティエ広場前のクレープショップ『Au Sucre Sale(オ・シュクレ・サレ)』

【ニューカレドニア旅行記6日目】

 

マルシェで朝食を食べ書店へ寄った後はセントジョセフ大聖堂へ行きF.O.Lの丘へ!

その帰りにココティエ広場前にあるクレープショップに行きました☻

 

今日は私が立ち寄ったクレープショップについて書いていきますね♬

  

 

 

F.O.Lの丘を出た後は、ココティエ広場方面へ。

坂道を下って行きます。

f:id:mlc510:20190512102219j:image

 

 

ココティエ広場

 

徒歩10分ほどでココティエ広場に到着。

 

ココティエ広場とはヌメアの中心地にある公園。

木陰で休憩を取りのんびり過ごしている人、音楽をかけながら集まって話をしている学生さん、旅行者など色々な人が集まってきます。

 

この噴水はココティエ広場の中央に位置しているよ。

ここの前で写真を撮っている旅行者がたくさんいました。
f:id:mlc510:20190512102234j:image


f:id:mlc510:20190512102203j:image

 

この噴水は1884年に造られたものなのですが、1990年に水がパタリと止まり次に出たのはなんと61年後のクリスマスだったそうです。

クリスマスに再び水が出た事よりも61年間放置していた事の方がびっくりw

f:id:mlc510:20190512102129j:image

 

また、公園内はWi-Fiフリーです!

6:00〜20:00まで開放されていて『Wi-Fi NOUMEA』を選択すると設定する事ができます。
f:id:mlc510:20190512102110j:image

 

また、公園内には無料トイレもあります!

最初どこか分からなかったので、ココティエ広場内のインフォメーションで教えてもらいました。

こちらの建物がインフォメーション。

f:id:mlc510:20190512102114j:image

 

トイレはインフォメーションから徒歩3分くらい歩いた場所にありました。

こういうところのだから汚いんだろうな〜なんて思ったのだけど、意外と清潔感があり手洗いソープも完備されていたのにはびっくり。
f:id:mlc510:20190512102148j:image

 

そして、公園内には音楽堂やオルリー将校(ニューカレドニア知事)の像やカフェなどもあります。

こちらの建物がカフェ。

でも、この時間(15:00)は営業していませんでした。
f:id:mlc510:20190512102210j:image

 

日向はかなり暑いけど、木陰は割と涼しいです。

モワッとした東南アジアとは違って快適。
f:id:mlc510:20190512102101j:image

f:id:mlc510:20190512102124j:image

 

ココティエ広場を囲むようにカフェやアパレル、旅行者向けのお土産屋さんなど、色々なお店があります。

ここのお店では、ニューカレドニアの伝統衣装『ミッションローブ』を現代風にアレンジした洋服が販売されていました。

現地のメラネシア人のおばちゃん達はみんなこの服を着ていて、カラフルで可愛かったです♬

色んなお花の柄があるんですよね。
f:id:mlc510:20190512102216j:image

 

タクシー乗り場もココティエ広場前にありますよ〜。

ちなみにタクシー乗り場はこの場所にしかないのでご注意くださいね。
f:id:mlc510:20190512102231j:image

 

このお花キレイ!

フランボワイヤン(火炎樹)ですね。

このお花は12月〜1月頃まで真っ赤に咲き誇るのだそう。

この時、4月だったからお花は少なく寂しい感じだったけどキレイさは分かりました。

f:id:mlc510:20190512102227j:image

 

 

クレープショップ

 

ココティエ広場前にあるこのお店でクレープを買いました。

『Au Sucre Sale(オ・シュクレ・サレ)』
f:id:mlc510:20190512102117j:image

 

ショッキングピンクと紫の外観が一際目立つお店です。
f:id:mlc510:20190512102240j:image

 

カウンターで注文。友達、悩み中...
f:id:mlc510:20190512102156j:image

 

ドリンクメニューも豊富でした!

暑いし喉カラカラ〜!
f:id:mlc510:20190512102552j:image

 

写真向かって左からパイナップル・イチゴ・ミント・カシス・パッションフルーツ・ピーチティー。

ドリンクは日本語表記もされているのでフランス語や英語が苦手な方でも安心ですね。

中央の『GRANITA(グラニテ)』と言うのは果物を入れて作るシャーベット状ドリンクの事。これも美味しそう♬
f:id:mlc510:20190512102159j:image

 

 

メニュー

 

メニューはこんな感じでチュロス・クレープ・パニーニ・ワッフルがあります。
f:id:mlc510:20190512102206j:image

 

f:id:mlc510:20190512140133j:image

 

f:id:mlc510:20190512140224j:image

 

クレープメニューはこんな感じ♬ 

こちらはフランス語なので分かりませんよね。

写真上からご説明していきます☻

※解りにくかったらごめんなさい!

 

Menu

・SUCRE(シュクレ / シュガー(砂糖)

・SUCRE BEURRE(シュクレブール / シュガーバター

・CARAMEL(キャラメル

・NOISETY(ヘーゼルナッツ

・CONFITURE(コンフィチュール / 砂糖と果汁を煮詰めた後、果肉を漬けて作る保存食

・MIEL(ミエル / 蜂蜜

・CHANTILLY(シャンティー / 泡立てた生クリーム

・NOISETY CHANTILLY(ヘーゼルナッツ+泡立てた生クリーム

・NUTELLA(ヌテラ / ヘーゼルナッツペーストをベースに砂糖、ココア、脱脂粉乳、香料、乳化剤などを混ぜ合わせたチョコレート風味の甘いスプレッド

・GLACE(アイス

・NUTELLA CHANTILLY(ヌテラシャンティー / ヘーゼルナッツペーストをベースに砂糖、ココア、脱脂粉乳、香料、乳化剤などを混ぜ合わせたチョコレート風味の甘いスプレッド+泡立てた生クリーム

f:id:mlc510:20190512102142j:image

 

 

パニーニメニュー

 

Menu

・Panini Nutella(パニーニヌテラ)

・Panini Nutella&Banane(パニーニヌテラ&バナナ)

・Panini Nutella&Mangue(パニーニヌテラ&マンゴー)

・Panini Nutella&Shamalow(パニーニヌテラ&マシュマロ)

・Panini Nutella&Ananas(パニーニヌテラ&アナナス)

・Panini Nutella&Framboise(パニーニヌテラ&フランボワーズ)

・Panini Confiture(パニーニ コンフィチュール)

・Panini Confiture&Framboise(パニーニ コンフィチュール&フランボワーズ)

・Panini Confiture&Ananas(パニーニ コンフィチュール&アナナス)

・Panini Confiture&Mangue(パニーニ コンフィチュール&マンゴー)

f:id:mlc510:20190512102222j:image

パニーニってスイーツ系のものがあるなんて知りませんでした。

ハムやチーズ系のしか食べた事なかったけど、甘いお菓子系のパニーニって美味しそう!

 

 

チュロス

 

Les7とかLes10とか、チュロスの本数の事かな。
f:id:mlc510:20190512102237j:image

友達と話していたんだけど、物価が高いニューカレドニアのスイーツやお菓子は安い気がする。この後に行ったショコラのお店でもマカロンとか安かったですから。

 

私はシュクレブール(シュガーバター)クレープとピーチティーを購入。

両方合わせて600XPFでした!

ね、安い!!
f:id:mlc510:20190512102132j:image

シンプルながらも味がしっかりついていて、とても美味しかったです!

ピーチティーも一気飲みしてしまいました(写真撮り忘れた)

 

ココティエ広場で少し休憩した後は、友達リクエストのショコラショップへ向かいました。
f:id:mlc510:20190512102136j:image
 

 

過去のニューカレドニア旅行記

 

次の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

前の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com