Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

ホテル軽井沢1130(イレブンサーティー)宿泊記 南国な雰囲気のプールがおすすめ♬

f:id:mlc510:20190908182142j:image

こんにちは! Mocaです☻

 

7月7(日)〜8日(月)1泊2日で家族で軽井沢旅行へ行ってきました。

まず最初にこんにゃくパークへ行き、世界遺産の富岡製糸場を見学した後に軽井沢のホテルへGo〜!!

 

この記事ではその時に宿泊したホテル軽井沢1130 (イレブンサーティー)というホテルの雰囲気やお部屋、プールを写真たーっぷりでご紹介します♬

 

 

1130とは

 

ホテル軽井沢1130 』は標高1130mの上信越高原国立公園に隣接するリゾートホテルで、標高がそのままホテル名になっています。 

軽井沢駅からは車で23kmの距離にあり、周りは深い森に囲まれとっても癒される雰囲気。

駅からは離れていますが道中、信号などもほとんどないため時間はあまりかかりません☻

 

また、近くには軽井沢おもちゃ王国や鬼押し出し園があり観光にも便利な立地なんです。

私も次の日、軽井沢おもちゃ王国へ行きましたが車で3分ほどで到着しました!

本当に近い♬

 

 

ホテルロビー

 

ホテルに到着しエントランスで荷物を降ろし、駐車場へ。

駐車場は屋内と外がありますが屋内は暗いので外の方がいいかもしれません。

 

ホテルのフロントロビーは1階ではなく2階。

こんな感じで沢山の光が差し込み緑に囲まれとても明るくキレイでした。

f:id:mlc510:20190904233617j:image

 

この日は七夕でした。

フロント前に七夕飾りを発見☆
f:id:mlc510:20190904233454j:image

 

ロビー奥には近隣観光施設のパンフレットが沢山置かれていました。

割引券などはこちらでゲットしちゃいましょう♬
f:id:mlc510:20190904233333j:image

 

そして、フロント横にあったクコの実入り紅茶は嬉しいサービス☻

f:id:mlc510:20190904233649j:image

 

もっと嬉しかったのは女性にだけファンデーションのサンプルが頂けた事。

f:id:mlc510:20190908180118j:image

 

 

お部屋へ

 

チェックインも終わり、早速お部屋へ。

エレベーターホールはこんな感じ。

宿泊棟は3階〜8階まで。

ペットと一緒に宿泊出来る客室もあるそうです。
f:id:mlc510:20190904233428j:image

 

私たちのお部屋は6階。

このホテル、壁面がジグザグで面白い造りになっているんです!

なのでお部屋や廊下は普通のホテルよりも沢山の窓がついていて明るかった。
f:id:mlc510:20190904233308j:image

 

こんな感じで♬

f:id:mlc510:20190904233504j:image

また、廊下の絨毯は白樺模様なんです。

 

 

5人部屋

 

7人で行ったので部屋は2部屋取り、こちらのお部屋は5人部屋。

扉を開けると廊下がありしばらく部屋が見えてきません。

ホテルと言うよりおしゃれなマンションのような造り!

f:id:mlc510:20190904233314j:image

 

まず最初に目につくのが左手にある扉。

こちらはトイレでした。

広々していて、ちゃんと手洗いもついています!

f:id:mlc510:20190908175639j:image

 

トイレの奥にある扉は洗面とお風呂。

こちらも広かったです。

f:id:mlc510:20190904233952j:image

 

アメニティは歯ブラシ・ヘアゴム&コットン・くし・かみそり

f:id:mlc510:20190904234347j:image

 

ドライヤーは2つ。
f:id:mlc510:20190904234352j:image

 

お風呂も広々!

f:id:mlc510:20190904233959j:image

 

お部屋は洋室と和室で別れています。
f:id:mlc510:20190904233451j:image

 

洋室はベッドが2台。
f:id:mlc510:20190904233606j:image

 

テレビ(小さめ)やクローゼット完備。

f:id:mlc510:20190908175909j:image

 

洋室を出て右へ行くとリビングのような部屋が。

手前に小さなキッチンカウンターのようなものがついていました。
f:id:mlc510:20190904233352j:image


f:id:mlc510:20190904233526j:image

 

ドリンクは煎茶とコーヒー(砂糖・クリープ付き)
f:id:mlc510:20190904233621j:image

 

お部屋の1番奥が和室。
f:id:mlc510:20190904233534j:image

 

クローゼットの中には浴衣が入っています。
f:id:mlc510:20190904233523j:image

 

ドレッサーもありますよ〜!
f:id:mlc510:20190904233330j:image

 

 

2人部屋

 

2つ目のお部屋は、部屋番号は隣同士であるものの少し離れていました。
f:id:mlc510:20190904233419j:image

 

こちらのお部屋も入るとすぐ廊下があります。

f:id:mlc510:20190904233550j:image

 

2人部屋なのに広い。
f:id:mlc510:20190904233459j:image


f:id:mlc510:20190904233412j:image

 

こっちもキッチンカウンターのようなものがついています。
f:id:mlc510:20190904233601j:image


f:id:mlc510:20190904233318j:image

姪っ子たちは5人部屋と2人部屋を行ったり来たり楽しそうでした。

大人数で行くと違ったタイプのお部屋を見る事が出来るから楽しいですよね。

 

  

南国?室内温水プール!

 

部屋で荷解きをした後は、1階にある室内温水プールへ。

ちなみに温水プールの隣は大浴場になっています。

大浴場は可も不可もなくと言った感じで至って普通。

f:id:mlc510:20190904233424j:image

 

プールまでは土足厳禁。

ここでスリッパ(靴)を脱ぎましょう。
f:id:mlc510:20190904233609j:image

奥に行くと右手に受付があるので利用料金を支払います。

受付では水着やキャップ・ゴーグルや浮き輪・水遊び用おむつなどがレンタルも出来ます。

 

詳しくはこちら↓

www.karuizawaclub.co.jp

 

宿泊者の温水プール料金

 

利用料金

 

 大人 1,500円(税込)

 子供 3歳〜小学生 800円(税込)

税金・サービス料・タオル代込み

 2歳以下無料

 

2019/7/13〜8/31までの利用料金

 大人 1,800円(税込)

 子供 3歳〜小学生 900円(税込)

 2歳以下無料 

 

 

日帰り利用者のプール料金

 

利用料金

 

【温泉入浴付き】

 大人 2,500円(税込)

 子供 3歳〜小学生 1,500円(税込)

税金・サービス料・タオル代込み

 2歳以下無料

 

2019/7/13〜8/31までの利用料金

 大人 3,000円(税込)

 子供 3歳〜小学生 2,000円(税込)

 2歳以下無料 

 

 

利用時間

 

室内温水プール『comoriパーク』は14:00〜21:00(最終入場20:00まで)

ただし、ゴールデンウィーク・夏期・年末年始・その他連休日など繁忙期の利用時間は14:00〜17:00となるそうです。

 

 

comoriパーク

 

comoriには『小さい森』『木漏れ日』『子守り』の意味が込められているそう。

でも、椰子の木があるので森というよりは南国!って感じで温水プールはめっちゃおしゃれでした!
f:id:mlc510:20190904233442j:image

 

ジャングルのようなプールの入口。

少し分かりにくいですが取っ手が少し見えるところが入口扉です。
f:id:mlc510:20190904233511j:image

 

中に入るとスタッフの方から黄緑のカゴを渡され、その中に荷物など入れるよう簡単な説明をうけます。

こちらのプールは水泳キャップ必須!

ない方はプールの手前にある受付で108円で借りる事が出来ます。

 

中央には船に見立てたジャグジーがあって素敵〜!

そしてプールはブルーのライトで照らし出されめっちゃキレイな雰囲気!
f:id:mlc510:20190904233311j:image

 

階段で行く時はすべらないように注意してくださいね。

f:id:mlc510:20190904233358j:image

 

私は見学で、姪っ子たちが入って遊んでいたのを見守っていました。

広さも調度良く、目が行き渡るので安心。
f:id:mlc510:20190904233518j:image

 

短いですがウォータースライダーもありますよ〜。
f:id:mlc510:20190904233507j:image

 

天井の雲からは雨も降るんです♬

遊び心満載!

子ども(姪っ子)も大喜びでした。

f:id:mlc510:20190904233538j:image

 

この雰囲気、癒されますね♡
f:id:mlc510:20190904233547j:image


f:id:mlc510:20190904233437j:image

 

こんな感じでデッキチェアやイスがあるのでプールに入らない人でも見学する事が出来ます。
f:id:mlc510:20190904233415j:image

 

おしゃれ〜!

f:id:mlc510:20190904233341j:image

 

ジャグジーに姪っ子たちは大喜びでした☻
f:id:mlc510:20190904233514j:image

 

ジャグジーはあちこちにあります。
f:id:mlc510:20190904233557j:image

1時間ほど遊ばせてプールを後にしました。

 

 

夕食ビュッフェ

 

プールの後は19:30〜夕食。

 

ホテル内はとても広いので部屋からけっこう移動しました!

私たちはこの渡り廊下を渡って夕食会場のレストラン『浅間』へ。
f:id:mlc510:20190904233337j:image

 

渡り廊下から見える景色。

f:id:mlc510:20190904233345j:image

 

ラストランは何ヶ所もありますが、私たちは『浅間』で夕食ビュッフェ。
f:id:mlc510:20190904233447j:image

 

レストランに入る際はスリッパやお部屋着はNGなのでご注意してくださいね。
f:id:mlc510:20190904233440j:image

 

『浅間』の雰囲気はこんな感じ。

料理も種類が豊富で楽しめました!
f:id:mlc510:20190904233323j:image

 

f:id:mlc510:20190908180503j:image

 

f:id:mlc510:20190908180701j:image

美味しかったです♬

ごちそうさまでした。

 

 

朝食レストラン 

 

次の日の朝食は『浅間』『やまぼうし』『ラ・ベリエール』の3店から好きなレストランを選べます。

私たちは昨夜夕食ビュッフェを食べた1階の『浅間』へ行きました。

最初に『やまぼうし』へ行ったのですが既に満席で入れなかったんですよね。
f:id:mlc510:20190904233531j:image

 

f:id:mlc510:20190908180553j:image

朝食も種類が豊富で美味しかったです。

 

部屋に戻る途中、2階にある売店で買い物しました。
f:id:mlc510:20190904233404j:image

 

写真には撮っていないのですが、エステ&マッサージ施設や卓球の出来る場所・小さなすべり台などのあるキッズコーナーもあり1日ゆっくり出来るホテルです。

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

ホテル軽井沢1130はとても満足度の高いホテルでした♬

森の中の立地もマイナスイオンたっぷりで緑が目に優しく癒されるし、お部屋も広々!

レストランも沢山あってどこもステキな雰囲気。

 

知的障害のある叔母も一緒に行ったのですが、叔母は大浴場に入るのが難しいため、お部屋の広々したお風呂に入れてあげる事が出来たのも良かったです。

ここはまた来たいと思えるホテルでした☻

 

ホテル軽井沢1130の詳細・予約はこちらから出来ます↓

 

 じゃらんnetでホテル軽井沢1130の詳細をチェックする

 booking.comで軽井沢のホテルを検索・予約する

 

 

ホテル軽井沢1130基本情報

 

ホテル軽井沢1130

 

住所:〒377-1402 群馬県吾妻郡嬬恋村大字鎌原鬼の泉水1453-2

電話:0279-86-6111

チェックイン:    15:00(ドッグルームは15:30)

チェックアウト:11:00(ドッグルームは10:00)