Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

ドイツ 廃墟のハイデルベルク城【ヨーロッパ周遊5ヶ国】

こんにちは! 

 

コロナのせいで次の海外旅行の目処が立たずストレス溜まりまくりのMocaです♬

去年だったら今の時点で3回は行ってたのに、今年はなんと0!!(i|!゚Д゚i|!)

 

その反動か最近物欲がすごいんですよね。。

デパコスが大好きなのですがタッチアップにも怖くて行けないので、コスメをネットで買い漁りひとりで楽しんでいる毎日ですw

メイクしてもどうせマスクで隠れちゃうのに(悲)

 

早く収束してくれないかな〜

 

話は変わり、アリゾナロードトリップが途中なのですが、今日からヨーロッパ5ヶ国周遊旅行記も同時進行で書いていこうと思います。

数年前の事なので、記憶が曖昧でいつもの記事より情報量が少なめですが、写真は多めに載せるので楽しんで頂けたらいいな〜と思います。

 

 

ルフトハンザ航空

 

6/14日 ヨーロッパ5ヶ国周遊の旅へ夫と共に出発。

9時35分発 ルフトハンザ航空の直行便LH711便でフランクフルト空港へ出発。

 

 

ルフトハンザ航空はとても快適でしたが、夫は隣の人がすごい臭くて大変だったらしいw

 

 

機内食

 

機内食は2回。

私は昼食に白身魚のサフランソース風味をチョイス。

 

味はまぁ普通。

夕食は疲れて写真を撮り忘れたのですが、豚肉の生姜風味でした。

 

 

フランクフルトに到着

 

11時間のフライトを経て、現地の14時にドイツのフランクフルト空港に到着。

日本とは-7時間の時差があるので日本は21時。

 

そろそろ眠くなってくる時間なので少しつらかった。

 

 

フランクフルト→ハイデルベルク

 

空港を出てまずバスに乗りフランクフルトからハイデルベルクへ行きました。

その距離は90キロ、高速で約1時間15分です(ヨーロッパの高速は無料)

こっちの高速でビックリしたのは、無制限に時速を出していいと言う事!(バスやトラックは例外)

そしてドイツのタクシーはベンツって言うのもびっくり。

 

街中を走っている車もベンツをはじめ、AudiやBMWやポルシェなどの車だらけでたまに見かけた日本車はこちらでは人気がないみたい。

そしてドイツの高速から見える景色はほぼ田園でこんな感じの景色が延々と続くため自然に眠くなります。

 

高速を降りてからの車窓の景色。

 

不思議なオブジェ。

 

 

 

 

ハイデルベルクへ

 

最初の目的地のハイデルベルクへ到着。

 

ハイデルベルクは1386年にドイツ最古のハイデルベルク大学が設立されて以来、学生街として親しまれてきた街。

古くからゲーテやショパンなど多くの詩人や芸術家が訪れ多くの芸術作品を生み出し19世紀の面影をそのまま残している街としても有名。

哲学者の道から眺めるレンガ造りの家々、カール・テオドール橋などの美しい風景や13世紀に創建されたハイデルベルク城は必見。

(ガイドブックから引用)

 

ハイデルベルクにはドイツで最も有名な城趾「ハイデルベルク城」 がありハイデルベルクのシンボルになっています!

そんなハイデルベルク城へ最初に向かいました♬

 

 

ハイデルベルク城

 

古城街道を通り『ハイデルベルク城』に到着。

廃墟好きな私には、初日からテンション上がる場所♡

 

両脇にお土産店が連なる坂道を上って行くと...

 

まず最初に公園のような場所へ。

 

その後少し散策し、お城の廃墟のハイデルベルク城が出現。

 

ドイツの廃墟、芸術品に見える!

久々に来たけどヨーロッパってやっぱすごいな...

 

日本では決して見られない廃墟にワクワク。

 

様々な角度から。

 

 

 

 

ワインの大樽

 

この後、フリードリヒ館へ入ったのですが地下蔵では22万ℓ以上もあるワイン貯蔵用の大樽も展示してありすごい迫力!

横の階段を上ると大樽の上から周りを見渡す事ができます。

 

巨大なワイン樽の向かい側にいる、この像はペルケオといいカール3世フィリップの宮廷における道化師で大変な大酒飲みだったそう。

今ではこうして大樽を見守っています。

 

大樽の近くにあったこのレストランいい雰囲気だったな~。

行きたかったけど、この時間は営業している雰囲気がなかった。

 

 

展望台からの眺め

 

この後は展望台に行ったのですが、丘の上から見えるハイデルベルクの街はすごくキレイでした。

屋根がどこも同じ色だけどドイツは家を建てる時に使っていい色が法律で決められているんだって。

だからこんなに統一感があるんですね。

 

美しい。日本も見習って欲しい。

 

 

カール・テオドール橋

 

中央付近に見える橋はハイデルベルクのシンボル『カール・テオドール橋』

この橋は、1788年に選帝侯カール・テオドールにより建設され、別名『アルテ・ブリュッケ』とも呼ばれているのだとか。

 

この橋、よく世界の写真集に載っている場所ですよね♬

ずっと来てみたかったんだよな〜

 

ここでの景色を満喫した後は、ハイデルベルク城の近くにあったお土産屋へ。

『お水』って書いてあるのがシュールw

 

この後は旧市街へ行ったので、次の記事ではその時のことを書いていきます!

 

それではまた☻

 

 

ハイデルベルク城の場所

 

ハイデルベルク城

 

住所:Schlosshof 1, 69117 Heidelberg, ドイツ

電話:+49 6221 658880