Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

【まるで絵本の世界】3/16オープンのムーミンバレーパークへ行ってきました【北欧のmetsa】

f:id:mlc510:20190321073916j:image

 

3月16日(土)に埼玉県飯能市にオープンしたムーミンバレーパークへ行って来ました。

metsa-hanno.com

 

私が行ったのはオープンして2日目の3月17日(日)だったのですが、休日にしては空いていたかな。

園内はムーミンの世界観そのまんまでとっても可愛かったです♬

今日は、そんなムーミンバレーパークについて書いていきます。

 

 

 

アクセス

 

メッツァ(ムーミンバレーパーク・メッツァビレッジ)までのアクセスは電車だと西武池袋線 飯能駅下車。北口を出たらバスかタクシーを利用します。

 

『飯能駅北口』1番乗り場より『メッツァ』行き直行バスもしくは『メッツァ経由武蔵高萩駅』行き路線バスに乗りメッツァ停留所で下車してください。

車だと飯能駅からメッツァまで10分もあれば着くので、バスだと15〜20分といったところかな。

f:id:mlc510:20190321174635j:image


または、JR川越線・八高線 高麗川駅(こまがわ)からも1本道で近いですがタクシー(5分ほど)が便利だと思います。

バスは1時間に1本の割合で飯能駅まで出ているみたいですが、どこで停車するかなどの情報はよく分かりませんでした。

 

 

駐車場について

 

ここから先は駐車場について長々と書いているので、ご興味のない方は目次から飛ばしてください。

 

車でのアクセスの場合、圏央道 狭山日高インターチェンジを降りて5.4キロ(約12分)で着きます。

 

駐車場は基本予約制。

時間貸しのパーキングもありますが、土日祝は1時間1,000円と高過ぎるので丸1日遊ぶ予定なら事前予約した方がいいです。

 

Web予約と時間貸しの比較表

f:id:mlc510:20190321094322j:image

 

ちなみにパークを出てすぐの場所にタイムズが出来たので、午前中から丸1日がっつり遊びたい人はそちらに停めるのもおすすめ。

メッツァのパーキングに停めるより安く済みます。

土日祝1日1,500円 / 平日1日900円

ただし土日祝の13時以降に来ようと思っている方はメッツァのパーキングに停めても料金は変わらないのでわざわざタイムズに停める必要はありません。

 

タイムズの場所はここ。メッツァのすぐ隣。 

●タイムズ飯能小久保

住所:埼玉県飯能市小久保 飯能日高消防署

24時間営業

 

タイムズが満車で停められなかった場合、駐車料金を少しでも安く済ませたい方は、メッツァから2.8キロ離れた場所にある高麗川駅すぐ近くのK's PARK高麗川らくだプラザ高麗川4に停めるのもおすすめ(他にもある)

24時間最大500円〜600円ほどで停められます(ただ台数は少ない)

そこから駅前で待機しているタクシーでメッツァに来る事になりますが、土日祝の午前中から来る場合はメッツァに車を停めるよりも安く済みます。

ちなみにタクシー代は930円くらい。

 

 K's PARK高麗川の場所はここ。

● K's PARK高麗川

住所:埼玉県日高市高麗川1-4-5

 

www.navitime.co.jp

 

他にも安いパーキングはありますが、駅前じゃないのでタクシーをすぐ捕まえるのは難しいかも。

それに2キロ以上あるので歩くのも大変だと思います。

btimes.jp

 

他は、メッツァの玄関口となる飯能駅周辺の駐車場がありますが、24時間最大900円〜1200円と高麗川駅の駐車場より高くなります。

 

そして駐車料金は全く気にならないよって方は、メッツァの公式HPから予約してください。

ムーミンバレーパーク・メッツァビレッジの駐車場やチケットはこちらから予約出来ます。

ticket.metsa-hanno.com

 

 

ムーミンバレーパーク

 

metsa(メッツァ)は、無料ゾーンのmetsa villageと有料ゾーンのMOOMIN VALLEY PARKに分かれています。

ムーミンバレーパークは無料ゾーンのメッツァビレッジから少し離れていて少し奥に歩いた場所にあるよ。徒歩5〜7分くらいかな。

この日は暖かい陽気でしたが、湖の周りなので寒かったです! アウターは忘れずに☺︎

 

ムーミンバレーパークに到着し、まず最初に出現したのは『はじまりの入り江エリア』のウェルカムゲート。

ムーミンの物語の始まりは本という事が由来から、パークの始まりも本のゲートをくぐり抜けて物語の世界へ行くというコンセプトみたい。

f:id:mlc510:20190320131425j:plain

 

ここでチケットを購入。

並ばずすんなり買えました。

Webで前売りチケットを購入する事も出来るけど当日はダメみたい。

f:id:mlc510:20190321074003j:image

 

入園料は大人1,500円(子供1,000円)

ちなみにこのチケットは入園だけで園内のアトラクションは全て別料金です。
f:id:mlc510:20190319091654j:image

 

早速行ってみます☻

案内板可愛いけど何が書いてあるか全く分からないw

f:id:mlc510:20190320164710j:image


f:id:mlc510:20190320164716j:image

 

 

ムーミン谷エリア

 

ムーミンバレーパークのメインエリアに到着。

 

この可愛い小屋は『ウイマフオネ』と言う水浴び小屋。

また、背後に伸びている線はジップライン。
f:id:mlc510:20190321074040j:image

 

さらに進むと広々としたムーミン谷エリアに出てきました。

f:id:mlc510:20190320131440j:plain

 

小川に橋がかかっていたり、

f:id:mlc510:20190320164950j:image

 

湖が見渡せたりムーミンの世界観そのまんまで癒されます♬
f:id:mlc510:20190320164946j:image


f:id:mlc510:20190321082253j:image

 

中央に見える赤い建物はエンマの劇場。

ここでショーが行われているよ。

f:id:mlc510:20190320171856j:image

 

青い家はムーミンハウスで隣はコケムスという展示施設&レストラン。
f:id:mlc510:20190320202028j:image

 

黄緑の可愛い綿あめショップ。
f:id:mlc510:20190320202106j:image

 

アーケードゲームが出来るスペース。
f:id:mlc510:20190320171230j:image

 

黄色の建物は写真スタジオ。

ムーミンと一緒に写真が撮れるみたい。
f:id:mlc510:20190320171220j:image

 

さらに奥に行くと灯台やアスレチック、ジップラインやアトラクションがあります。

 

 

ムーミンハウス

 

1番目立っていたのはやっぱりムーミンハウス。

可愛い♡

f:id:mlc510:20190321074147j:image

 

ちなみにここに入るのは別料金(¥1,000)

ガイドツアーに申し込まないと中を見学する事が出来ません。

f:id:mlc510:20190320131453j:plain

 

なので家の中が見られる場所は扉からのみ。

ここだけでも可愛い〜。

f:id:mlc510:20190320164758j:image


f:id:mlc510:20190320164804j:image

 

 

ムーミンのショー

 

16:30から始まったムーミンのショーを観ました。

このショーを手がけているのは小栗旬さんのお兄さんなんだって。

f:id:mlc510:20190320163511j:image

 

30分間のショーで、ほのぼのしてて可愛かった。f:id:mlc510:20190321082138j:image

ショーは1日に何回か上演されています。

 

 

コケムス

 

ショーを見終わった後はコケムスへ。

コケムスとはフィンランド語で『体験』を意味するそう。

コケムスは3階建ての展示施設。

1階がレストランやムーミンショップで2階・3階が体感展示スペースや常設展、カフェやショップがあります。

f:id:mlc510:20190320171238j:image

 

早速中に入ってみます☻

f:id:mlc510:20190321074614j:image

 

この通路を抜けると奥にエレベーターがあるので、3階へ。

降りると体感展示スペースがありました。

ここは無料なんだけど、1番面白かったな〜♬

 

一部だけご紹介します。

 

ムーミンの不思議な世界観が展示されていました。
f:id:mlc510:20190320164457j:image

 

色々な仕掛けがあるの!
f:id:mlc510:20190320164421j:image

 

これはモニターの前で手を振るとニョロニョロが地面から生えてくるんです。
f:id:mlc510:20190320164431j:image

 

そしてこれは下に投影された水辺を歩くと波打つの。
f:id:mlc510:20190320164501j:image


f:id:mlc510:20190320164518j:image

 

フォトスポット。
f:id:mlc510:20190320164448j:image

 

そしてここから先は体験型絵本エリア。

まるで絵本の中に入ってしまったかのようでした。
f:id:mlc510:20190320164510j:image

 

黄色い道に沿って歩いて行きます。
f:id:mlc510:20190320164404j:image


f:id:mlc510:20190320164408j:image

 

ここも色々な仕掛けがあるよ。
f:id:mlc510:20190320164416j:image


f:id:mlc510:20190320164439j:image


f:id:mlc510:20190320164452j:image

この場所可愛くて癒された♡

 

3階の最後は8mを超えるムーミン谷のジオラマがありました。

f:id:mlc510:20190320171416j:image

 

細部まで精巧に出来ていて楽しかったです。
f:id:mlc510:20190320171420j:image

 

ジオラマを1階から見るとこんな感じ。

f:id:mlc510:20190320202356j:image


f:id:mlc510:20190320172544j:image


f:id:mlc510:20190320172535j:image


f:id:mlc510:20190320172530j:image


f:id:mlc510:20190320202427j:image


f:id:mlc510:20190320172526j:image


f:id:mlc510:20190320172516j:image


f:id:mlc510:20190320172540j:image

よーーく見ていると発見があるしずっと眺めていられた♬

 

その後は2階へ。

このスペースは色々なクイズや仕掛けがあって面白かったな。
f:id:mlc510:20190320164514j:image


f:id:mlc510:20190320164427j:image

 

これキレイだった〜。
f:id:mlc510:20190320164506j:image


f:id:mlc510:20190320164443j:image


f:id:mlc510:20190320164412j:image

 

f:id:mlc510:20190321074600j:image

 

ここから先は写真撮影が禁止だったのですが、作者トーべ・ヤンソンさんの人生を辿れました。

 

こんなお店もあるよ。

KAUPPA&KAHVILA

店内はムームングッズのショップと可愛いカフェです。

f:id:mlc510:20190320203832p:image

 

 

ムーミン谷の食堂

 

展示を全て見終わった後は1階のムーミラークソ ルオカラへ。

写真、無駄に広角で見にくくてすみません。

ゴープロ7でムービーを撮っていたので、そこから抜き出した写真なんです。

f:id:mlc510:20190320164606j:image

 

ここはパークのメインレストラン。

f:id:mlc510:20190320173122j:image

 

色とりどりの花火が上がる中、パーティーが行われる空間をイメージしているんだって。

f:id:mlc510:20190320173619j:image


f:id:mlc510:20190320164626j:image

 

セルフなので写真奥のカウンターへ料理を選びに行きます。

f:id:mlc510:20190321082337j:image

 

メニューはこんな感じ。

ネーミングがどれも可愛い。

 

ちなみに高いです。

テーマパークだからある程度は仕方ないのだけど量が少な過ぎてビックリしたw
f:id:mlc510:20190320161249j:image


量が普通サイズならこの値段でも納得出来るのですがどれもびっくりするほど少ないの。

この彗星ハンバーグ(1,500円)はハンバーグの大きさがお子様ランチほどです。

いや、お子様ランチの方が大きいかも。

そして一口で食べられちゃうような小さなパンがサイドについています。ライスはありません。

私、普通の人よりも食が細いのですが、それでも全然足りなかった‼︎

これを食べた後にメッツァビレッジのアフリでラーメン一杯たいらげたよねw

f:id:mlc510:20190319091838j:image 

写真奥は夫が注文した『おさびし山のハヤシライス(1,300円)』

写真だと伝わらないかもしれないけど、これも超少ない。

この少なさでこの値段設定はちょっと…。

 

f:id:mlc510:20190321143150j:image

今回は、ブログに載せたかったし初めてと言う事もあり食べてみましたが次はないな...

でも味は美味しかったです。

 

 

夜のムーミンバレーパーク

 

外に出ると陽が落ちていて、昼間とは違った雰囲気の良さになっていたよ。

f:id:mlc510:20190320162731j:image

 

f:id:mlc510:20190320223645j:image


f:id:mlc510:20190320162725j:image

 

写真向かって左の建物はリトルミィのプレイスポット(700円 / 3歳以下無料)
f:id:mlc510:20190320162721j:image

 

 

ショッピング

 

POSTIというカードのお店に入りました。

f:id:mlc510:20190320204024j:image


f:id:mlc510:20190320204028j:image

 

どれもみんな可愛い!
f:id:mlc510:20190320204020j:image

 

ハニカムカードもらったら嬉しいよね。
f:id:mlc510:20190320204016j:image

 

f:id:mlc510:20190321122557j:image

お店の前にはポストが設置してあって、ここでハガキを出すとムーミンバレーパークの特別な消印を押してもらえるそうです。

 

次は隣のニブリングのお店へ。

f:id:mlc510:20190321122310j:image

 

ニブリンググッズがメインで取り扱われています。

f:id:mlc510:20190320204143j:image


f:id:mlc510:20190320204147j:image


f:id:mlc510:20190320204139j:image

 

ニブリングだけではなく他のキャラクターも販売されているよ。

f:id:mlc510:20190320185636j:image

 

その横はリトルミィのお店。

リトルミィのグッズを主に販売されているお店です。

f:id:mlc510:20190321122402j:image

 

 

海のオーケストラ号

 

買い物が終わった後は18:30の回の、海のオーケストラ号に入ったよ。

f:id:mlc510:20190320223729j:image

 

これも別料金(¥1,000)

f:id:mlc510:20190320162011j:image

 

時間になると、まず最初にこちらの部屋に案内されます。

f:id:mlc510:20190320162104j:image


f:id:mlc510:20190320162100j:image

 

最初にスタッフの方から説明を受け中に案内されるよ。

このアトラクションは体感型シアターアトラクションで、プロジェクションマッピングが使われているのでとてもリアル。

f:id:mlc510:20190320162308j:image

 

撮影はフラッシュを使わなければOKです。
f:id:mlc510:20190320162311j:image

 

ムーミンパパの友人であり発明家のフレドリクソンが作った『海のオーケストラ号』に乗って冒険に出かけるというストーリー。
f:id:mlc510:20190320162255j:image

 

水しぶきがかかったり、振動があったり楽しめました。
f:id:mlc510:20190320162300j:image


f:id:mlc510:20190320162317j:image


f:id:mlc510:20190320162321j:image


f:id:mlc510:20190320162304j:image


f:id:mlc510:20190320162325j:image

 

プロジェクションマッピング、キレイで良かったけどこの内容で1,000円は高いな〜って感じ。

 

暗くなり人もまばらになってきたので、そろそろ帰る事にしました。

 

帰りもウェルカムゲートをくぐって戻ります。

f:id:mlc510:20190320205731j:image

 

ムーミンバレーパークを出た後はメッツァビレッジのバイキングホールへ。

この時、日曜の19時だったんだけどガラガラ。

f:id:mlc510:20190320205824j:image

 

バイキングホールもおしゃれなお店が多くて楽しいんだよね。
f:id:mlc510:20190320205832j:image

 

正面はロバーツコーヒー。
f:id:mlc510:20190320205838j:image

 

AFURIだけ人がいたよ。私達もAFURIへ。
f:id:mlc510:20190320205828j:image

 

 塩ラーメン(¥980)を注文。

f:id:mlc510:20190320131523j:plain

最初からAFURI来ておけば良かったな〜と後悔。

夕飯だけで2600円も使ってしまった。

 

 

まとめ

 

メッツァビレッジもムーミンバレーパークも何をするにも高くてあっと言う間に1万円は使ってしまいます。 

たまに来るからいいか〜って気持ちで使いたくなってしまうけど、来週からニューカレドニアに行くので節約中の私にはきつかったです。

この値段設定、もっと安く出来ないのかな。

高くてもそれに見合う満足出来る内容なら納得出来るんだけどねー。

そして、アトラクションに入らなくても充分楽しめます。

私が1番楽しかったのはコケムス内の展示エリア!

ここだけで長時間いられました♬

 

ブログには書いていないアトラクションやパンケーキのレストラン、お店などもまだあるので気になった方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

ただ、お金があっという間になくなるので節約中の方は食事は外で済ませて来た方がいいかも。

 

 

 

場所詳細

 

●MOOMIN VALLEY PARK / metsa village

住所:埼玉県飯能市宮沢431-3-58

電話:0570-001-630

時間:ムーミンバレーパーク10時〜20時

   メッツァビレッジ       10時〜21時(マーケットホールは20時まで)

入園料:メッツァビレッジ 無料

ムーミンバレーパーク大人(中学生以上)1,500円 / 子ども(4歳以上小学生以下)1,000円  ※3歳以下無料

○海のオーケストラ号1,000円(3歳以下無料)

○リトルミィのプレイスポット700円(3歳以下無料)

○飛行おにのジップラインアドベンチャー1,500円

○ムーミン屋敷ツアー1,000円(3歳以下無料)

アクセス:西武池袋線 飯能駅北口 

●『飯能駅北口』1番乗り場より『メッツァ』行き直行バスもしくは『メッツァ経由武蔵高萩駅』行き路線バスメッツァ停留所下車

 

●JR川越線・八高線 高麗川駅(こまがわ)からも近いですがタクシーが便利だと思います。

 

 

 

 

こちらもあわせてどうぞ。 

ムーミンバレーパークがオープンする前、メッツァビレッジで行われたチームラボのイベント記事です。

www.trip-cafe510.com