Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

ハワイ島旅行記⑤ 白砂がキレイなハプナビーチ!【財布をなくすハプニングあり】

 

 

ハワイ島2日目!

 

今日は白砂がキレイなハプナビーチへレンタカーで行きました。そこで妹が財布を失くすというハプニングに遭いみんなどんより。

 

今回の記事では

・ハプナビーチとはどんなビーチか

・なぜ、財布が無くなってしまったか

 

について書いていきます☻

 

 

 

  

ハワイ島2日目

 

日本では聞いたことのない鳥のさえずりで、7時に起き気持ちのいい朝。

この時、ハワイ島は噴火真っ最中でしたが、今朝はなんとなく水平線が見えますね。

 

でも風の向きですぐ靄ががってしまいます。

 

隣を見ると、ここに住んでいると思われる家の夫婦が、プール前のデッキチェアに座り何かを飲みながらまったりしていた。

ハワイの豪華なおうちで毎日こんな生活、憧れるけど刺激が無くて私は飽きそうなので1年に何回か1〜2ヶ月こうして来れるのが理想だなぁ☻

 

8時過ぎに朝食。

それぞれ食べたいものを自分で用意して食べました。

私はこれだけ。

ちなみにこのシリアル、超〜不味くてまるでドッグフード(子どもの頃食べた事あるから味を知っている)

妹に聞いたらオーガニックのやつなんだとか。。

私は苦手でした。

 

9:30頃、レンタカーで出発!

 

私も運転してみたかったのですが借りる時に免許登録するからその場にいないとダメだったみたいです。残念。

 

海側じゃない方の家の周りの景色。

 

植物が本当にキレイ。

 

また、この狭い道を通りお出かけします。

私達が借りたレンタカーはかなり大きかったのでここを通るのがスレスレで毎回気を使っていました。

 

なので、この家(ケアアホウ エステート)をAirbnbなどで借りる方はレンタカーは少し小さめの車にする事をおすすめします。

 

 

Walmartでビーチタオル調達

 

まずは近くのWalmartへ。

1番近くても車で15〜20分くらいの場所。

周りは自然だらけだから何もないんです。

 

ウォルマートではビーチタオルと敷物を購入。

 
Walmart楽しいですよね。
毎日行ってました。
 

 

 

セルフレジでお会計。


パーキングに咲いていたお花がキレイでした❁︎

 

これ何てお花だろう。

 

 

Walmartを出た後はハプナビーチへ向かいました。

50分くらい海岸沿いの道を走らせていたのだけどやっぱり水平線見えませんね。

目の前海だったんだけどな。

 

ハプナビーチへはこのルートで行きました!

 
MotionX GPS(アプリ)↑最高です。
行ったところ全て印がつくから、まだ通っていない道を通る時は攻略したみたいで楽しいし、道にも迷わないし。

 

溶岩だらけの道のりでした。

 

30分毎にチップスタイムというのを設けお菓子を子供達に配る義弟の母Nさん。

 

ずーっと同じ景色の道のり。

途中でグッチャグチャになった事故車が溶岩脇に放置されていました。

毎日見かけていたけど片付けないのかな?

 

 

ハワイ島の大自然をドライブするのは気持ちいいですね〜♬

 

 

白砂のハプナビーチ

 

ハプナビーチへ到着しました!

 

 キレイなブルー!


 

 

パーキングに車を停めて荷物を持って歩きました。

 

ちなみにハプナビーチに更衣室はないのでトイレで水着に着替える事になります。

 

手作り感満載の看板が可愛い♡

 

義弟の母は海に入らないと言うので荷物番をしといてくれる事になり、ガゼボに場所取りをし荷物を置きました。

そこから見えるビーチ。

 

だんだん晴れてきました!

いつの間にかモヤもなくなっていますね。

キラウエア火山から少し遠ざかったからかなぁ?

 

 

 

 

  

ムービーもどうぞ↓




 
 

 

 

シュノーケリング開始

 

ここから先はカメラを持って行ってないのでシュノーケリング中の写真はないのですが、改めて水中でも撮れるカメラ買えば良かったと思った。

 

シュノーケリング超楽しかったなぁ♬

岩場にキレイな魚が沢山泳いでいて、ウニもいっぱいいました。

私達はマリンシューズを履いていたから大丈夫だったけど裸足でシュノーケリングする人は注意してくださいね。

 

時差ボケの影響か、波で酔って気持ち悪くなってしまい私は早々と海から出た。

 

カメラを持って戻り写真を撮りました。

 

ハワイ島では白い砂のビーチって珍しいそうです。

ほとんど黒砂なんだとか。

 

 

姪っ子も海から上がり、砂遊び。

 

そろそろお昼。

ガゼボに戻ります!

 

 

ここです!

いい場所取れて良かった。

 

 

ランチタイム

 

妹と次女姪っ子と一緒に3Frogsと言うお店へお昼ご飯を買いに行きました。

 

ハプナビーチにある飲食店はおそらくここだけ。

 

メニューはこんな感じ。

 

Menu

 

・タコス

・ハンバーガー

・ポテト

・サンドウィッチ

・シェイブアイス

 

などがありました。

 

私達はハンバーガーセットを注文。

名前を聞かれ、出来たら呼んでくれるのですが、めっちゃ時間がかかってる。

 

だからその間、妹と姪っ子と3人で写真を撮りまくっていました。

側転してるとことかダンスしてるとことか。

 

その時に妹が『財布とiPhoneが邪魔』と言って地面に置いたので『そんなところに置いたら危ないから!』と、私のトートバッグに入れたんです。

そんな私もバッグが邪魔だから地面に置いたりしてたのだけど、その後財布が無くなるという悲劇が起こる。

 

何十分かして呼ばれたので、注文したものを持ってみんなが待ってるガゼボへ。


 

 

ハンバーガーとポテトセットを注文。

 

近くで可愛い鳥がお散歩してた。

夫婦かなぁ?

 

仲良いね〜♡

 

ビーチと鳥さん。

  


 

 

財布がない事に気付く!

 

食べ終わり、アメリカ人の義弟と母がゴミを捨てに行ってくれました。

 

 

さっきバッグに入れた財布かして〜!

 

と妹に言われ、返そうとしたのですが

あれ?バッグに妹の財布が入ってない‼︎‼︎ 

iPhoneはあるのに。

 

なんで⁉︎

もしかしてスられた?

 

ご飯を注文した後、妹の財布とiPhoneを私のトートバッグに入れて、待ち時間バッグを地面に置いてムービーや写真で遊んではいたのだけど、バッグから目を離した事はなかったし怪しい人も周りにいなかった。

 

スられたんじゃなくて、ご飯呼ばれた時に財布持って行ってどこかに置いたんじゃない?なんて話もしていたのですが『海外のスリって手口が巧妙で気付かれないようにあっという間にやるらしいよ、最近テレビで見たんだけど』と妹が力説するので、私も納得せざるを得なかった。

 

お店の人やライフセーバーに財布を見てないか聞いたり、遊んでいた周辺の草むらやゴミ箱をみんなで探したんだけど結局財布は出てこなくて、諦めて帰る事に…

 

妹はいつも現金は小分けにして持ち歩いてるのに今日に限って全財産財布に入れていたらしい。

さらにクレジットカードも2枚入ってたのだとか。

 

すぐにカード会社に連絡して2枚のカードを止めてもらっていました。

現金もかなり入っていたらしいけど泣く泣く諦める事に。

妹はショック過ぎてめちゃくちゃ落ち込んでる。

そりゃそうだよね。 

 

 

財布の行方が分かる

 

帰国してから分かったのですが財布はスられていませんでした!

 

財布をなくした事を知ってる母にハワイのムービーを見せていたら、母が突然『これ◯◯(妹)の財布じゃない?』と言ってきたんです。

確認したところ、ムービーに財布が映っていました!

 

この赤いやつ↓

 

しっかり映っているw

 

 

そうです、この直後財布をゴミ箱に捨てていたのでした。

ゴミを捨てに行ったのは義弟とその母だったんだけど、何で財布に気付かなかったのだろう。

財布の近くにある紙をかぶせちゃってたのかなぁ。

それか財布の重みを、残したハンバーガーの重みだと勘違いしたのかもしれない。

 

この事には帰国してから気づいたので時すでに遅し。

ビーチにいる時、撮ったムービーをもっと確認すれば良かった。

 

その時まだハワイにいた妹に、財布写真と共にラインをしたら『スられたんじゃなくて良かった〜 なんか楽になった』って言ってた。

犯罪に巻き込まれた訳じゃないって分かっただけで、私も少し安心したしモヤモヤしていたものがスッキリしました。

 

だって怪しい人(と言うか人が)本当に近くにいなかったから!

ちなみにこの一件があってから、ハワイでの行動は念のためリュックに変えました。

 

 

最後に

 

今回、財布は盗まれた訳ではなかったのですが、あの時は本っ当〜に焦りました。

 

妹はハワイに来て3日目にして現金500$とクレジットカードを2枚、義弟の過失により失くしたのですが、ハワイにいる間ずっと落ち込んでいたし、楽しいはずのハワイ旅行がもったいない事に…

 

私たちのように財布を捨てる…なんて事は普通ないと思いますが、スリに遭う事もあると思うので皆様も貴重品の管理は十分にお気をつけください。

 

 

 

 

 

 

 

 次の記事はこちら↓

www.trip-cafe510.com

 

前の記事はこちら↓

www.trip-cafe510.com