Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

バリ島⑦ 【謎が多いミステリアスな遺跡】ゴアガジャ遺跡【世界遺産】

f:id:mlc510:20190112210636j:image

 

アタバッグのお店を出た後はバリ島中部のウブド地区近郊にあるゴアガジャ遺跡へ向かいました。

ひとつ前の記事で書いたアタバッグのお店からは20分ほどの距離だったよ。

 

道中の景色。ぶら下がっている竹飾りのパンジョール、すごい目立つよね。これ好きだな〜。

 

12:00、象の洞窟として有名なゴアガジャ遺跡に到着。

インドネシア語でゴア=象・ガジャ=洞窟って意味なんだって。

 

場所はここ↓  

Goa Gajah
Ubud, Bedulu, Blahbatuh, Kabupaten Gianyar, Bali, インドネシア
8:00〜17:00

 

 

駐車場に車を停め出発。

周りは観光地化されていて洋服やバッグ、小物類などの露店が多かったです。

 

ここで売ってるアタバッグは本物かなー?

 

バリっぽい服も沢山売ってるねー。

 

お土産屋の通りを歩いて行くとチケット売り場があるので入場券を買うよ。

この建物↓

f:id:mlc510:20190113153547j:plain

 

大人ひとり50,000ルピア。日本円で400円くらい。

 

ゴアガジャ遺跡へ行くには階段を下りて行きます。

階段を下りる前に、服装チェックがあり足や肩が出ているような露出の多い人はサロンという腰巻きを貸してもらえ、肌を隠すように言われます。

寺院ではないけれど宗教施設なので肌が出過ぎているのはNGみたい。

また、宗教上の理由により血は穢れとされているため、怪我で出血している人や生理中の女性は入れないんだって。

 

20〜30mほど階段を下りて行くと、だんだん全貌が見えてきました。

f:id:mlc510:20190113155229j:plain

 

 

 

不思議な石の遺跡?があったよ。

ガイドさんにこれは何か聞いたところ、昔火事か何かで建物が倒壊した時にこの部分だけ残って、ここに残してあるとか言ってたのだけど、真相は分かりません。

 

この池はヒンドゥー教の6人の女神ウィジャダリの沐浴場。

1954年に発見された遺跡なんだけど、ほぼ完璧な姿で出てきたんだって。

戦後バリ島最大規模の発見らしいよ。

 

沐浴場の前にあるのがゴアガジャ遺跡。

ここは1923年にオランダからの調査隊によって発見されたんだって。

それまでは1000年もの間埋もれていたらしい。

 

この姿が象に見えた事から『ゴアガジャ(ゴア=象・ガジャ=洞窟)』と呼ばれるようになったらしい。

どう見ても象には見えないけど遠くから見たらパッと見、見えない事もない...かな。

怖い顔をした何かが大きな口を開けていてめっちゃインパクトありますよね!

大きな口を開けているのは魔女『ランダ』の顔と言われているそうなのですが、実際のところ何をモチーフにしたか分かっていないんだとか。

 

これまでに多くの調査がされているそうですが、まだ解明されていない謎や不明点の多いミステリアスな遺跡なんだって。

 



 

それでは口の中に入ってみます!

ただでさえ暑いのに、内部は更に蒸し暑く空気も悪い。

奥に進むと左右に分岐します。

f:id:mlc510:20190113160427j:plain

 

洞窟を入って右に進んだところから正面を見た感じ。

 

洞窟内に入り右側奥に祀られているのは、3体のリンガ像。

シバ・ヴィシュヌ・ブラフマーと言うヒンドゥー教の三大神のモチーフで、破壊・再生・創造を意味するらしい。

 

そして洞窟内には15の横穴があるのだけど、かつてここで僧侶が瞑想や睡眠に使ったと言われているんだって。

 

リンガ像の反対側に祀られていたのはガネーシャ像。

ここのガネーシャ像はご利益があると言われていて、バリ人に大人気のパワースポットなんだって。

チャナンが沢山置いてありますね。

 

洞窟を出た後は他にも探索してみました。

ゴアガジャ周辺は広いんだよね。

 

洞窟の近くにあったこの建物はお祈りする場所ってガイドさんが言ってたかな。

この奥に見える建物などは一回火事で全焼してもう1回建て直したらしい。

 

蒸し暑くて汗が止まらない!

飲み物も売っているから助かります。

 

滝に行ってみようって事になり、階段を下りて行ったよ。

 

バリらしい自然豊かな癒しスポット。

 

不思議な場所に人がいますね。

コケで足が滑りそうで怖い。

 

滝に到着。

少し暑さも和らいだ気がした。

 

滝の近くには根っこがこんな立派な大木もあったよ。ここに座って写真を撮りました。

ところで、木に巻かれている白黒チェックの布、何なのか気になりませんか?

この布はポレンと言ってバリ、ヒンドゥー教の宇宙観を反映したものなんだって。

この世には善と悪・表と裏・光と闇・生と死など、悪いものや良いものが善なる神々と共に存在し、互いにバランスを取って世界は成立しているという意味なんだって。白と黒の布はそれをシンボル化したものらしい。

ポレンには魔除けの意味もあり、悪いものが入ってこないように木や石像に巻き付けてあるんだって。

最初見た時、木や石像を守るための何かだと思っていたんだけど、そういう深い意味があったんだね。

バリには、他の国にはない慣習が沢山あって魅了されます。

 

更に歩いて行くとこんな景色に。

この場所もめっちゃキレイだな〜!

 

おしゃれなカフェもあったよ。

 

 

Buda Gardenだって。

入ってみたかったけど次の目的地があったので諦めました。

 

更に階段を上って、駐車場へ向かいました。 

ゴアガジャ遺跡を出た後は、ウブドのトゥララガンの棚田にランチをしに行ったよ。

 

 

 

 

 

 

次の記事はこちら↓

www.trip-cafe510.com

 

前の記事はこちら↓

www.trip-cafe510.com