Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

バリ島① LCC Air Asia X(エアアジア)でインドネシア バリ島デンパサール国際空港へ

2018/12/29〜2019/1/2まで3泊5日でインドネシア バリ島へ行ってきました。

 

今回のバリ島旅行はけっこうギリギリに決まったので、直行便の航空券は既に売り切れで、残っているものはトランジットがバンコクやマレーシアで32時間〜のものばかりでした。

仕事があるため3泊以上の旅は出来ず、トランジットに時間をかけていられないので今回は航空券とホテルのツアーを申し込みました。

 

バリ島でAirbnb(エアビー)を利用したかったので航空券が取れなかったのは本当に残念だったけど、ホテルを満喫しよう!と気持ちを切り替えました。

 

元大手旅行会社に勤めていた知人の話によるとバリ島の直行便は大人気で売り出されたらすぐに売り切れてしまうんだって。

そうなんだ〜知らなかったなぁ。

  

前置きが長くなってしまいましたが、バリ島旅行1日目スタートです☻

 

  

成田空港第2ターミナルへ

 

 10:50発

LCC エアアジアX XT404便でデンパサールのデンパサール(ングラライ)国際空港へ。

 

 

分かりにくいNカウンター

 

8:30に成田空港第2ターミナルに到着し9時頃、3階のNカウンターでチェックイン!

※チェックインカウンターは3時間前からオープンしています。

f:id:mlc510:20190106093239j:image

 

f:id:mlc510:20190106094101j:image

 

Nカウンターの看板は見えているものの、場所が分かりにくく少し迷いました。

f:id:mlc510:20190106093353j:image

 

↑の案内図をよく見てなかった私も悪いのですが、先入観でまさかこんな場所にあるとは思っていなくて見逃してた。

左奥に見えるところかな?と最初思ってウロウロしていたのですがJALの団体カウンターだったし。

他にも探してる人が何組かました。

 

一見、外に出てしまうように見えますが『Nカウンター』はここを入って行くんです!

f:id:mlc510:20190106093409j:image

 

外に出ないで横に逸れるとカウンターがありますよー!

初めての人には本当に分かりにくいですよね。

 

 

チェックイン

 

エアアジアXの預け荷物は1個あたりの大きさが119cm(高さ)×119cm(幅)×81cm(奥行き)重さ32kgまで無料。

超過した場合は差額をカウンターで支払う事になります。

私は15kgだったから余裕でした。

 

スーツケースの重量でいつも不安な方はデジタルスケールがおすすめ。

これがあればスーツケースの重さを事前に測れるので空港で慌てる事もなく安心です。

 

また、エアアジアはeチケットがないので予約確認書など、帰りのフライトが確認出来るものが必要です。

私はツアー会社がEメールで送ってくれた書類をダウンロードし、家でプリントしたものを提示しました。

 

Wi-Fi受け取り

 

チェックインを済ませた後は、同じく3階にあるグローバルWi-Fiへ行き、Wi-Fiを受け取りました。

 

身軽になってやる事も終わったし、そろそろゲートへ向かおうかな☻

 

 

セキュリティチェック

 

年末は毎年長い行列が出来ているゲートが誰も並んでいなくてスイスイ行けました。

 

セキュリティチェックを終え出国審査。

 

自動化されていたけどスタンプが欲しい人はもらえます! 

私はもらいました。

ただ単にスタンプが増えて行くのが嬉しい!と言う気持ちもあるのだけど、海外旅行中に携行品が壊れた場合、保険に入っていれば保険で直しますよね。

 

その時に海外に行った証明として出国&帰国スタンプのコピーが必要になるんです。

なのでなるべくもらっておいた方がいいですよ〜。何があるかわからないですからね。

私は直近で3回スーツケースが壊れて出てきて全て保険で直しました。

 

割と余裕をもって来たと思うのですが、チェックインでけっこう時間がかかったため免税店などを見ている暇はなく搭乗口に直行!

 

AKIHABARA!

成田からアジアへ行く時、このド派手なお店の前を毎回通るんだよねw

 

70Hの搭乗口まではエスカレーターで下りて行きます。

 

更に下りる。

 

そして左側へ行くと搭乗口に到着。

 

 

搭乗開始 

 

 10:10搭乗手続き開始。

 

 

エアポートリムジンで移動

 

ここから更にエアポートリムジンで移動。

 

運よく座れたけどこの後どんどん混んで来ました。

 

滑走路を走り数分で機体へ到着!

f:id:mlc510:20190106110554j:image

 

 

 

LCC エアアジアの機内

 

機内は3:3:3の配列。

 

シート幅は若干狭い感じがしたなー。

あと、中央にある支柱が邪魔で荷物をシート下に入れる時ちょっと大変でした。

また、ブランケットやイヤフォンやアイマスクなどのアメニティは一切ありません。

機内は冷えて寒くなるので、ブランケット類は持参した方がいいです。

 

それからモニターもないので機内エンターテイメントサービスは受けられないんですよね。

私は暇つぶしのために楽天マガジンを契約して好きな雑誌をダウンロードし、iPadで読んでいました。

d TVも契約しているので事前にダウンロードした映画を観ようとしたら、こっちはWi-Fiがつながらないと起動出来ませんでした。

 

エアアジアの機内Wi-Fiは『ROKKI(ロッキィ)』てのがあって、事前に申し込みが必要みたい。

ちなみにWi-Fiが使用出来ない機体もあるようで、今回私達が利用したXTはダメでした。

機内でご利用いただけるRokki Wi-Fiインターネット接続サービス | エアアジア

 

 

 10:50発ですが実際に離陸したのは 11:30。

 

そういえば広告付きの収容棚って初めて見たかも。

なんか可愛い。

 

 

食事&ドリンクメニュー 

 

食事は出ないので事前予約か、その場で注文します。

事前予約の場合は搭乗の24時間前(一部路線は48時間前)まで受け付けているみたい。

 

メニューは品数豊富で悩んだけど、私はABCチキンカレーヌードルにしました。

 

35,000ルピア。

支払いは円orルピアどちらでもOK!

ルピアは0が多くて最初戸惑うけど0を2つ消すとだいたいの値段が分かります。

10,000ルピアが約80円なので300円もいかない感じかな。

 

目の前でお湯を注いでくれます。

 

麺は少なくて物足りなかったけど美味しくて、スープも全部飲み干した。

 

他のメニューはこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒を頼んでいる人はよく見かけたけど食事を頼んでいる人はあまり見かけなかったな〜。

本当は禁止されているのですが、みんな堂々と持ち込んだご飯を食べていました。

 

 

機内でのおすすめグッズ

 

インドネシア バリ島のデンパサールにあるングラライ国際空港までは約7時間のフライトで夕方着。

 

やる事がないのでネックピローとフットレストをセットしておやすみなさい。

 

私は機内枕はこれを使っているのですが口で膨らまさなくて良く、ポンプを押すだけで空気が入るんです。

片付ける時もポンプを押せば一気に空気が抜けるので楽 

 

約7時間の空の旅を経てデンパサール国際空港へ到着。

次の記事では宿泊したヌサドゥアエリアのホテルについてご紹介します♬ 

 

これまでのバリ島旅行記

 

次の記事はこちら↓

www.trip-cafe510.com