Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

バリ島⑱ 【神秘的な雰囲気】夕日の名所タナ・ロット寺院【蛇の洞窟と大蛇】

果物屋を出た後は夕日の名所、タナロット寺院へ行きました。

タナロット寺院はクタやヌサドゥアから車で約1時間の距離にあります。

今日は、夕日の時間以外でも神秘的なタナロット寺院について書いていきます!

 

 

 

タナ・ロット寺院とは

 

インドネシアバリ島、中西部の海岸にある寺院でバリヒンドゥー6大寺院のうちのひとつ

インド洋に突き出た大きな岩の上に建てられていて夕日の名所としても有名なんです。

 

満潮時は陸地との間の道が海に沈むため、寺院が海に浮かんでいるようにも見えます。

 

16世紀にここを訪れたジャワの高僧ダン・ヒャン・ニラルタが、この景観こそ神々が降臨する場所にふさわしい場所と考え、海の守護神を祀る寺院を建てるよう村人に勧めたのが始まりなんだとか。

 

駐車場に着いてタナロット寺院に向けて歩き始めました。

入場料は大人ひとり60,000ルピア。

f:id:mlc510:20190306192942j:image

 

 

露店が多くお土産も買える

 

周りはこんな感じで観光地化されています。

f:id:mlc510:20190306102527j:plain

 

ここのマーケットは客引きとかいなくて静かだったなぁ。

f:id:mlc510:20190306102537j:plain

 

f:id:mlc510:20190306102545j:plain

 

f:id:mlc510:20190306102552j:plain

マーケット内には公衆トイレがあります。

3,000ルピア(24円くらい)で有料。

ティッシュなどはなく小さな水槽の中に手桶が入っているタイプ。

 

マーケットの先に、寺院の入口となる一つ目の割れ門が見えて来ました。

目の前を歩いているのはジュンジュンバリチームのジュンさん。

f:id:mlc510:20190306102558j:plain

 

 

バトゥ・ボロン寺院

 

ひとつめの割れ門をくぐって歩いて行くとバトゥボロン寺院がありました。

インドネシア語で『バトゥ』は石・岩で『ボロン』は穴という意味なんだとか。

その名の通り、寺院は大きな穴が開いた岩の上に建っています。

f:id:mlc510:20190306102604j:plain

 

最初ここがタナロット寺院かと思っちゃった。

隣接しているタナロット寺院はまだ先なので間違えないようにしてくださいね☻

f:id:mlc510:20190306102611j:plain

 

さらに進んで行きます。

この辺は本っ当〜に蒸し暑いので水分補給はしっかりしてください。

f:id:mlc510:20190306102620j:plain

 

寺院の周辺は公園になっていて沢山の人で溢れていました。

ここにいる人は大体ジャワ島からバカンスに来ている人達なんだって。

f:id:mlc510:20190306102627j:plain

 

この場所からはタナロット寺院の全景が見えました♬  

人がめっちゃ多いですね。

f:id:mlc510:20190306102633j:plain

 

ここからの夕日はどれだけキレイなんだろう。

私たちは夕方までいなかったので見ららませんでしたが。

ちなみに夕日の写真は雑誌やインスタで盛られまくっているから、来た人が『え?ここ?』ってがっかりして帰るんだそうですw

なので、あまり期待し過ぎない方がいいかもしれませんね。

f:id:mlc510:20190306102641j:plain

 

ジュンさんが撮ってくれた写真。

f:id:mlc510:20190306200716j:image


f:id:mlc510:20190306200720j:image

 

タナロット寺院に向かって公園内をどんどん歩いて行きます。

f:id:mlc510:20190306102648j:plain

 

 

空中に浮遊する不思議な物体

 

この写真を撮った時に、空に不思議なものが写りました。中央の下の方なんだけど分かりますか?

f:id:mlc510:20190306102654j:plain

 

拡大するとこんな感じ。

えっ? 何これ? UMA?

f:id:mlc510:20190306151921j:image

『すごいもの発見しちゃった!』と鼻息荒くたまたま会っていた弟に見せたら『凧じゃない?』と。

 

ネットで調べてみたら凧完全一致!

なんだ凧か。夢が壊されてがっかりですw

f:id:mlc510:20190306172054j:image

 

公園内をてくてく。

f:id:mlc510:20190306102701j:plain

 

長い参道を歩き、2つ目の割れ門登場。

ここにもさっきの凧写っとるやんw

f:id:mlc510:20190306102708j:plain

ここまで来れば寺院まではもうすぐ!

 

 

神秘的なタナ・ロット寺院

 

駐車場から徒歩約10分ほどでタナロット寺院に到着。

岩の上の寺院内部は異教徒は入れないので私たちは遠くから眺めているだけ。

 

ここはとても神秘的な場所で、大蛇がタナロット寺院の周りでとぐろを巻いているのが、僧侶など不思議な力を持った人は見えるんだそうです。

f:id:mlc510:20190306102715j:plain

 

寺院下の洞窟には聖水が湧いているそう。

僧侶が聖水を振りかけてくれ、額に聖米を付けてくれるんだって。

洞窟へ行くには海の中を歩いて行く事になるので足が濡れるよ。

f:id:mlc510:20190306102721j:plain

 

ちなみにこの周辺は、原因不明の大波が突然来て中国人観光客をさらっていくんだって。怖い!

まぁ、それより中国人限定なのが謎だけどw

f:id:mlc510:20190306102726j:plain

 

 

蛇の洞窟

 

タナロット寺院の反対側にあるここは蛇の洞窟と言われているんだそうです。

f:id:mlc510:20190306102733j:plain

 

漢字で『神蛇』と書いてありますね。

中がどうなってるか気になったけど混んでいたので諦めました。

f:id:mlc510:20190306102740j:plain

 

次の目的地へ行く予定があるので来た道を戻ります。

f:id:mlc510:20190306102747j:plain

 

立派な割れ門。

f:id:mlc510:20190306102753j:plain

 

バカンスを楽しむジャワ島の人達。

f:id:mlc510:20190306102801j:plain

 

最初の割れ門まで戻ってきました。

f:id:mlc510:20190306102808j:plain

 

マーケットを抜けて駐車場へ。

黒い服を着ているのがガイドのグディさん。

写真で見るといかついけど、とっても穏やかで優しい人なんです。

右にチラッと写っているジュンさんもとってもいい人。

お世話になった日本に恩返ししたいからって日本人専門のガイドをしているんだとか。

f:id:mlc510:20190306102813j:plain

 

 

場所詳細 

 

●タナロット寺院(ヒンズー教寺院)

住所:Jl. Tanah Lot, Beraban, Kediri, Kabupaten Tabanan, Bali 82121 インドネシア

時間:7時〜19時

休み:なし

 

 

タナロット寺院行き方

 

タナロット寺院はクタやヌサドゥアから車で1時間の距離にあります。

夕方は特に混むから通常1時間でヌサドゥアに帰れるところが渋滞で2時間半かかるらしい。

 

バスや電車などはないので、ガイド付きカーチャーターを日本で予約して来た方が安心。

タクシーの場合、ちゃんとしたブルバードタクシーはなかなかつかまらない上にパッと見、見分けのつかないぼったくりタクシーばかり走っているのでオススメしません。

 

行く予定はなかったけど突然行きたくなった!って方はVELTRA(ベルトラ)のオプショナルツアーもおすすめです。

運が良ければ前日に予約が取れる事もありますよ。

f:id:mlc510:20190306193908j:image

 

 

 

 

次の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

前の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com