Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

上海⑱ 豫園商城にある上海最古の茶芸館「湖心亭」で中国茶を楽しむ♬

f:id:mlc510:20191227230154j:image

こんにちは! Mocaです♬

 

今日は豫園商城内にある上海最古のレトロな茶芸館「湖心亭」の店内の様子や注文したお茶をご紹介します♬

 

豫園商城の記事はこちら。

  上海⑯ ライトアップされた夜の豫園商城はまるで千と千尋の神隠しの世界 - Trip&Cafe

  上海⑰ 豫園商城のお土産店や飲食店など写真たっぷりでご紹介します! - Trip&Cafe

 

 

湖心亭とは

 

『湖心亭(フーシンティン)』は九曲橋の途中に建っている豫園商城のシンボル的な茶館

f:id:mlc510:20191227230415j:image

 

1855年創業で上海屈指の歴史を誇るのだとか。

古き良き中国を感じられる、とっても素敵な建物ですよね♬

エリザベス女王も訪れた事があるそうですよ〜。

f:id:mlc510:20191227230326j:image

 

入口はこちら。

逆光であまりキレイに撮れていませんが、フォトスポットらしくお店の前ではみんな写真を撮っていました。
f:id:mlc510:20191226131031j:image

 

 

1階はお茶が購入できる

 

店内は2階建で、1階席と2階席で料金が異なり1階の方が低価格なんだとか。

写真奥が1階の客席ですが、なぜか誰もいなくて私たちは2階へ案内されました。
f:id:mlc510:20191226131109j:image

 

客席の反対側には中国茶や茶器などが販売されています。
f:id:mlc510:20191226131122j:image


f:id:mlc510:20191226131010j:image

 

 

アンティークな店内

 

2階はこんな感じの客席。

期待を裏切らず、レトロな空間がとても素敵でした!

そして窓から沢山の光が差し込み、明るい店内です。
f:id:mlc510:20191226131014j:image

 

私たちは、池が見渡せる窓際奥の席へ案内されました。

f:id:mlc510:20191226131003j:image

 

席から撮った店内の写真。

本当に雰囲気いいですね!
f:id:mlc510:20191226131019j:image

 

客は私たちの他に地元民らしきグループが2組と観光客1組。

意外と空いていました。

こんなに席あるけど、満席になる日はあるのかな〜
f:id:mlc510:20191227230154j:image

 

窓から見える景色。

この混雑ぶりが嘘のように店内は落ち着いていて居心地が良かったです。
f:id:mlc510:20191226131000j:image

f:id:mlc510:20191226131116j:image

 

こちらの人だかりは豫園の中国庭園に入る人達。
f:id:mlc510:20191226131113j:image

 

池を眺めていたらアヒルがいました。可愛い♡

f:id:mlc510:20191226131049j:image

 

席につくと女性店員さんがメニューを持って来てお茶についての説明をしてくれました。

中国茶ってこんなに高いんだ!?とメニューを見てびっくり。

どれも138元(2,160円)〜238元(3,720円)します。

ちなみに、調べたところ中国茶は普通にそれぐらいの値段で、それなりの価値があるのだとか。

 

中国茶とお茶請け

 

私たちは「安吉白茶(188元)」と「茉莉白なんちゃら漢字が読めない(138元)」を注文。

簡単に言うと緑茶とジャスミンティーですね。
f:id:mlc510:20191226131119j:image

 

大きめの茶器にたっぷり茶葉が入っていたのでお腹がタプタプになるほど飲めた。

無料でついてきたお茶請けは高野豆腐とうずらの卵と不思議なお菓子でした。
f:id:mlc510:20191226130956j:image

 

お茶は香りも良くとても美味しかったです。

家で飲むお茶とは大違い。

f:id:mlc510:20191226131106j:image

夫はよく分からなかったらしい(笑)

 

ちなみにこのお菓子は、未だに何だったのか謎だけど美味しかったです。
f:id:mlc510:20191226131024j:image

 

高野豆腐も美味しかった!
f:id:mlc510:20191226131103j:image

 

ウズラの卵は濃いめのしょっぱさで、薫製のような感じ。

私は大好きな味でした。

夫は苦手だったみたい。好き嫌い別れるのかな。
f:id:mlc510:20191226131129j:image

 

茶器の中で広がる茶葉がキレイ。

こちらは緑茶。
f:id:mlc510:20191226131027j:image

 

ジャスミンティー。
f:id:mlc510:20191226131126j:image

ごちそうさまでした。

 

 

中国茶詐欺

 

そうそう、中国茶について調べていたところ気になる記事をいくつも見かけました。

いま、上海の豫園周辺で中国茶の詐欺が流行っていて日本人観光客がかなりの被害に遭っているそうです。

 

どういう手口かと言うと、日本語が話せる男女(英語の場合もあり)がフレンドリーに近づいてきて「写真を撮って欲しい」など自然な形で接触してくるそう。

そして巧みな話術で相手を信用させた後「美味しい中国茶を飲めるところに一緒に行こう」って誘ってくるんだって。

そいつらは店とグルで、会計時にとんでもない金額を提示されるのだとか。

 

被害額は1万〜5万が最も多く、高い人ではお茶だけで97万も請求され、拒んだら羽交い締めにされ散々な目にあったそう。

結局カードで支払ってしまったそうですが、その後どうなったか気になります。

お金返ってきたかなぁ。

97万なんてどう考えたって犯罪ですもんね!

 

なので、話しかけてきた人がどんなにいい人そうに見えても絶対について行かないようにしましょう!

上海ではかなり流行っている詐欺のようです!!

 

私たちも色々な中国人に話しかけられたのですが、相手にしなかったので大丈夫でした。

 

 

最後に

 

湖心亭は豫園のど真ん中にあるものの、豫園商城の喧騒から離れとてものんびり過ごす事が出来ました。

とにかく雰囲気がいいし幸せな時間だったな〜♬

高級茶も普段飲む機会ってなかなかないので、帰国前に贅沢な経験が出来て良かったです。

 

湖心亭は上海最古の老舗でガイドブックにも載っていて安心なので、豫園商城に訪れた際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

湖心亭以外の茶芸館に行く方は、中国茶詐欺に遭わないようちゃんと下調べをしてから行ってくださいね。

 

それではまた!

 

海外レストラン予約実績15万件!ご要望通りにレストランを予約します

 

私が今回の旅で参考にしたガイドブックです。

情報量が多くておすすめ。

 

豫園商城の場所

 

豫園商城(よえんしょうじょう)

 

住所:上海市黄浦区方浜中路269号

電話:+86 21 6355 9999

時間:8:30〜21:00(一部のお店は8:30〜20:30)

休み:なし

アクセス:地下鉄10号線「豫園駅」徒歩5〜7分

 

 

湖心亭の場所

 

湖心亭

 

住所:上海市黄浦区豫园老街115-131号

電話:+86 21 6373 6950

時間:8:30~22:00

休み:なし

 

 

次の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

前の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com