Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

上海⑰ 豫園商城のお土産店や飲食店など写真たっぷりでご紹介します!

f:id:mlc510:20191221205633j:image

こんにちは! Mocaです☻

 

上海4日目。

前回の記事ではライトアップされた幻想的な夜の豫園商城について書きましたが、今日は昼間の活気ある豫園商城で撮った写真やお土産店にフードコートなどご紹介します。

 

 

豫園(豫園商城)とは

 

豫園は上海を代表する人気観光スポットのひとつ。

園内は有料の中国庭園と無料で楽しめるショッピングゾーンに分かれています。

 

中国庭園は自然石と水を巧妙に配置するのが特徴の江南様式庭園の名園。

明代の役人、潘允端(はんいんたん)が父のために贈った庭園で、豫(よ)という文字には安泰・平安という意味があり老後を楽しませるために名付けたのだとか。

 

その後、藩士の没落や戦争や革命などで何度も修復・荒廃し1980年代からの修復で現在に至るそうです。

(引用元:地球の歩き方)

 

ショッピングゾーンは庭園の周りにあるのですが、明・清代の街を再現していて朱い楼閣が圧巻!

そして中国らしい飲食店やお土産店が建ち並び歩いているだけでも楽しめます。

 

 

上海老街

 

豫園商城へは昨夜と同じルートで、上海老街を歩きながら向かいました。

f:id:mlc510:20191221211702j:image

 

ちなみに夜はこんな感じでした。

昼と夜じゃ随分雰囲気が違いますよね。

私はどっちも違う良さがあって好きだったな〜。
f:id:mlc510:20191221211903j:image

 

上海老街は下町情緒あふれる通りに、土産店や骨董品店に工芸品・お茶専門店や天然石のアクセサリー店や飲食店などが建ち並び、上海のお土産探しにもぴったりの場所。

f:id:mlc510:20191221211203j:image


f:id:mlc510:20191221211218j:image

 

建物も中国らしく素敵ですよね〜!
f:id:mlc510:20191221211512j:image

 

こちらはお茶専門店。
f:id:mlc510:20191221211533j:image

 

意外と交通量も多いのでご注意ください。

すぐクラクション鳴らして来るからうるさいw
f:id:mlc510:20191221211234j:image

 

 

豫園商城の入口

 

上海老街を歩く事5分、豫園商城の入口付近に到着しました!
f:id:mlc510:20191221211843j:image

 

入口はいくつかあるのですが、この場所は赤丸のところ。

f:id:mlc510:20191223183659j:image

 

ちなみに、この通りを直進すると↑の場所から反対側の入口へ着きます。
f:id:mlc510:20191221211416j:image

 

上海老街を左折して直進後、右折すると...

f:id:mlc510:20191223184323j:image

 

こちらの立派な門へ到着。

f:id:mlc510:20191221211715j:image

 

正面からアップで。

f:id:mlc510:20191221211739j:image

 

 

豫園商城の豪華な天井

 

早速豫園商城へ入ってみましょう♬

I LOVE 豫園のフォトスポットを発見(撮らなかったけど)

f:id:mlc510:20191221211846j:image

 

直進すると美しいデザインの天井が登場!
f:id:mlc510:20191221211305j:image

 

場所によって天井のデザインも様々だったので、見つけるのが楽しかったな〜。

ちなみにこれは別の場所で見つけたものですが、実物めっちゃ綺麗だった。

f:id:mlc510:20191223190716j:image

 

f:id:mlc510:20191223190105j:image

 

こっちも豪華!
f:id:mlc510:20191223190110j:image

 

どんどん奥の方に進んでみましょ〜。

この辺も中国らしさ満載。
f:id:mlc510:20191221211724j:image

 

高級そうなお店もありますね〜
f:id:mlc510:20191221211505j:image

 

少し開けた場所に出てきました。

この場所は、昨夜来た時に囲いがしてあった場所。

f:id:mlc510:20191221211126j:image

 

こんな感じで。

f:id:mlc510:20191225002725j:image

 

花壇の中に楼閣のオブジェが置かれ、奥の方にイベントスペースのようなものが見えますが、特に何もやっていませんでした。

f:id:mlc510:20191221211616j:image

 

 

迷路のような門前町

 

豫園商城内は迷路のようにいくつも通りがあるのですが、私が1番感動したのはこの場所。

奥へと続く朱い楼閣が1番キレイに見えたんですよね。

f:id:mlc510:20191221205633j:image

 

こちらは別の通りで露店が多く出ていました。

通りによって微妙に雰囲気が違うのが面白かったな〜。

f:id:mlc510:20191221211910j:image

 

他にも迷路のような小さい通りもあって冒険心に火がつきます(笑)

f:id:mlc510:20191221211613j:image

 

f:id:mlc510:20191221211149p:image

 

 

お菓子&雑貨のお土産店

 

伝統工芸品店や雑貨店・土産店やお茶専門店など中国らしいお土産店がショッピングストリートにひしめき合っていて、全部見て回っていたら時間が足りない!

f:id:mlc510:20191221211954j:image

 

この食べ物は横浜中華街でよく見かけるやつに似てるなー。

f:id:mlc510:20191221211508j:image

 

美味しそう♬
f:id:mlc510:20191221211958j:image

 

これは他のお店で見つけたお菓子ですが、すごく可愛いな〜と思ったもの。

f:id:mlc510:20191221211210j:image

 

マフィン×アイスクリーム!?

すごく気になったけど店内が混雑していたので買いませんでした。

f:id:mlc510:20191224235347j:image

 

ちなみに、食べ物を取り扱っているお店では試食出来るところが多いですが、うっかり食べると店員が強引に売りつけて来るので気をつけましょう。

 

私がお菓子を試食して買おうか悩んでいたら、目の前にいた店員が突然、バラ売りの沢山のお菓子を袋に詰めレジに持って行きムリヤリ買わせようとして来た時はびっくりした。値段は日本円で8000円ほど!

いや、買うとか言ってないし。

もちろん、すぐその場を去りましたけどwf:id:mlc510:20191221211421p:image

 

こちらは主に文房具を取り扱うお店『紅樓夢精雅生活館』

他のお店と比べるとおしゃれで良いものが揃っています!
f:id:mlc510:20191221211933p:image

 

店内は中国らしいデザインの文房具がズラリ。

文房具好きの方にはたまらないですね。

f:id:mlc510:20191221211815p:image

 

私はここで、中央の猫のノートを姪っ子へのお土産で買いました。

とってもしっかりした作りなんです。

f:id:mlc510:20191221211229j:image

 

そしてこちらの巾着袋は父へのお土産へ。

写真中央にある茶色い表紙のノートが巾着の中に入ってるんです。

全体的にお高めですが、良質でおしゃれなものばかり。
f:id:mlc510:20191221211732j:image

 

こちらは、先程の文房具店と違い庶民的な土産店。
 

ばらまき土産など購入するなら安いこちらがオススメかな。

ただ、あまりオシャレな物はありません。
f:id:mlc510:20191221211258p:image

 

私はここでシールを購入しました。

世界中のマグネットとシールを集めているのですが、シールってなかなか売っていないので見つけた時は大喜び(笑)

f:id:mlc510:20191221211743j:image

 

奥の棚にはマグカップや文房具など子供っぽい雑貨が並んでいます。
f:id:mlc510:20191221211404p:image

 

また、別のお店へ。

こちらは店内がかなり広く雑貨〜化粧品まで何でもありました。

レトロなパッケージのクリームを購入。

香りは5種類あり、どれもみんな優しくて上品な香りでした。

このクリームを母にあげたら「昔のクリームはみんなこんな香りだったよ。懐かしい〜」とのこと。

パッケージだけじゃなくて中身もレトロだったの

か。

f:id:mlc510:20191221211720j:image

 

こちらはお茶専門店
f:id:mlc510:20191221211231j:image

 

パッケージがどれも可愛い。

f:id:mlc510:20191224235736j:image


f:id:mlc510:20191224235740j:image

 

私はこちらのお茶をいくつか購入しました。

ひとつ25元。
f:id:mlc510:20191224235743j:image

 

お茶店を出て再びブラブラ。

これ、現地人らしき人がこぞって買って飲んでたけど何だったんだろう。

容器がお神酒そっくりでびっくりしたw
f:id:mlc510:20191221211548p:image

 

こちらはお菓子店。
f:id:mlc510:20191221211727j:image

 

時間が無くて入らなかったのですが、不思議な場所もありました。

f:id:mlc510:20191221211321j:image

 

 

飲食店

 

豫園内は飲食店も多数!

こちらは1900年創業の、上海で1番有名な小籠包のお店『南翔饅頭店』

f:id:mlc510:20191221211238j:image

 

場所はここ。

f:id:mlc510:20191224235956j:image

 

『南翔饅頭店』のすぐ近くにはハーゲンダッツやケンタッキーもあります。

楼閣の雰囲気に合わない(笑)

f:id:mlc510:20191221211735j:image

 

飲食店はあちこちにあってどこに入ろうか迷ってしまうほど。

f:id:mlc510:20191221211412j:image

 

食べ歩きが出来るお店もたくさん!
f:id:mlc510:20191221211338j:image

 
f:id:mlc510:20191221212002j:image

 

f:id:mlc510:20191221211140p:image

 

f:id:mlc510:20191221211626p:image

  

 

フードコート

 

食べ歩きも、ちゃんとしたレストランもちょっとイヤ...って方には、3階建の大きなフードコートもあります!

こちらは1階のフードコートの入口。

f:id:mlc510:20191221211544j:image

 

私達は2階へ。
f:id:mlc510:20191221211900j:image

 

フードコートに入っているお店は中華が中心でした。
f:id:mlc510:20191221211134j:image

 

2階は座席数が多く広いのですが、正午過ぎはとても混むので早めに席を取った方がいいかも。

この写真は11時くらいなのでまだ空席が目立ちますが...

f:id:mlc510:20191221211427j:image

 

こちらは正午過ぎに撮ったもの。

もう座る場所がありません。

f:id:mlc510:20191221211649p:image

 

フードコートの隅っこにはスイーツ店もありました。
f:id:mlc510:20191221211226j:image

 

スイーツ店の真横にはトイレがあります。

ちなみにこちらのトイレは全て和式でトイレットペーパーもありません!

それに相変わらず超汚くてにおいもすごい。

スイーツ買う気なくすわ〜
f:id:mlc510:20191221211348j:image

 

 

ジグザグの九曲橋

 

フードコートを出て歩いていると開けた場所へ出て来ました。
f:id:mlc510:20191221211948j:image

 

スタバ発見!

f:id:mlc510:20191221211750j:image

 

スタバの楼閣の隣に建つこちらの建物はすごい迫力でした。
f:id:mlc510:20191221211602j:image

 

拡大!

全然関係ないですが、模様が中華ラーメンの器に描かれているデザインと一緒w
f:id:mlc510:20191221211536j:image

 

スタバを背にすると池があり『九曲橋』という橋がかかっているのですが、橋の形がジグザグで面白いんです。

f:id:mlc510:20191221211309j:image

 

こんな感じで。

名前の通り、本当に9つの曲がり角があるんですよー!

f:id:mlc510:20191221211610j:image

 

それでは橋を渡ってみましょ〜♬

橋の上から見た風景。

f:id:mlc510:20191221211453j:image

 

f:id:mlc510:20191221211907j:image

 

池には大きな鯉が悠々と泳いでいました。

そして時間になると、水蒸気みたいのが出る演出が。

f:id:mlc510:20191221211634p:image

 

橋の上から見た周りの景色。

f:id:mlc510:20191221211312j:image

 

↑先ほどご紹介した上海で最も有名な小籠包店『南翔饅頭店』

店内、めっちゃ混んでいるのが遠くからでも分かります。

f:id:mlc510:20191221211222j:image

 

↑の景色を引きで撮った写真。

f:id:mlc510:20191221211440p:image

 

こちらの建物は、伝統的な中国茶が頂ける『湖心亭』
f:id:mlc510:20191221211253j:image

 

私たちは『湖心亭』でお茶をしました!

その時のことはまた次回書きますね。
f:id:mlc510:20191221211944j:image

 

湖心亭の2階から見える景色はこちら。

f:id:mlc510:20191221211317j:image

 

正面は豫園の庭園のチケット売り場と入口。

人だかりが出来ていますね。

私も庭園に入りたかったのですが、この日は帰国日だったため時間がなく行けませんでした。

f:id:mlc510:20191221211824j:image

 

湖心亭でお茶した後はお土産を見つつ名残惜しい気持ちを残しながら豫園商城を後にしました。
f:id:mlc510:20191221211527p:image

 

 

最後に

 

豫園商城、いかがでしたか?

夜のライトアップも素敵ですが、昼間は賑やかで活気があって楽しかったです♬

 

昼間と夜じゃ雰囲気も全然違うので2度楽しめちゃいます!

また、お店や飲食店も色々あって本当に飽きませんでした。

私はまる1日あっても足りないくらいだったな。

 

次は湖心亭でお茶した時の事をご紹介します。

それではまた!

 

私が今回の旅で参考にしたガイドブックです。

情報量が多くておすすめ。

 

豫園商城の場所

 

豫園商城(よえんしょうじょう)

 

住所:上海市黄浦区方浜中路269号

電話:+86 21 6355 9999

時間:8:30〜21:00(一部のお店は8:30〜20:30)

休み:なし

アクセス:地下鉄10号線「豫園駅」徒歩5〜7分

 

 

次の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

前の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com