Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

韓国旅⑱ 【タクシー乗車拒否】現代アートの美術館 D MUSEUMまでの長〜い道のり【衝撃の結末】

f:id:mlc510:20190216200956j:plain

益善洞(イクソンドン)を満喫し次はD MUSEUMへ行くことになりました。

 

イクソンドンの記事はこちらをどうぞ。

www.trip-cafe510.com

 

D MUSEUM(ディーミュージアム)とはおしゃれエリア漢南洞(ハンナムドン)にある現代アートや写真などが展示してある美術館。

ここに行くまでが思ったより大変でした!

今後、D MUSEUMにどなたかが行く時の参考になるかもしれないで、その時の事を今回の記事では書いていきます。

 

 

 

益善洞駅(イクソンドン)からD MUSEUMまでは3番線の鍾路3街駅(チョンノサムガ)から玉水駅(オッス)まで向かいます。

6駅目ですね。

 

f:id:mlc510:20190219220632j:image

 

 

優しい韓国人

 

駅のホームで友達とD MUSEUMまでの行き方を調べていたら『私日本語分かります。案内しますよ。どこに行きたいんですか?』と韓国人男性に突然声をかけられ、行き方や最寄駅を教えてくれました。

一緒に電車に乗り込み、最寄の玉水駅に着くと突然床を足でドンドンドンドンするので、やべー奴だったか!と思ったら『ここですよ。どうぞ楽しい旅行を!』とにこやかに言ってくれた。

知らせてくれてたわけね。分かりにくいわ!

 

最初、変な人かと思って警戒していたしね。

付いて来たらどうしよう。どこかで巻くか...なんて思ったりw

でも親切な人で良かった♬

 

3号線玉水駅でまた友達のT-moneyカードにタッチエラーが起き、改札を出れなくなってしまいました。

そしたら近くにいたおばさんが、改札にあるHELPボタンを押し駅員さんに何か言ってくれたんですよね。

そしたら非常改札が開いて出る事が出来ました。

おばさんのおかげで助かった〜☻

 

後から調べたところ、T-moneyカードは磁気がおかしくなる事が多いらしく、そんな時はHELPボタンで駅員さんに『トチヘンヌンデモンナガヨ(タッチしたのに出られません)』と言えばすぐに改札を開けてくれるんだって。

 

 

タクシー乗車拒否

 

3号線玉水駅を出ると、タクシーステーションに客待ちタクシーが3台いたので、先頭の運転手さんに『D MUSEUMに行きたい』と地図を示して英語で伝えました。

その運転手さんは60〜70代くらいの男性で、D MUSEUMが分からないと言う。

なので地図を見せたのだけど、それでもジェスチャーで何か言われ…。

 

男性は英語が全く分からないらしく、韓国語で何か言ってくるんだけど私達も分からないし翻訳機を使ってもなぜか意思疎通出来なくて、運転手さんも『乗せられない』って感じだったので諦めた…。

 

2台目の運転手さんにも同じように伝えたのだけどD MUSEUMが分からないような事を言われ、こちらも英語が話せず意思疎通出来なくて乗車拒否。

 

実はこの後も英語が分からない韓国人に乗車拒否をされていて、友達も韓国初日に私と合流する前に乗車拒否にあっているらしい。

 

たまたま運が悪かっただけなのか日本人が嫌いなのか真相はよく分からないですが、韓国のタクシーについて後ほど調べたところ、事業区域制というのがあって法律上の問題で乗せられない事もあるみたい。

また、運転手はやはり英語も含め外国語が出来ないそうです。

外国語に対応しているのは高級感漂う黒いタクシーなんだって。

ちなみに黒は黒でも、大きくて黒い貨物車は違法タクシーだそうなので間違えないように注意が必要ですね。

 

タクシーに乗車する際は韓国語で行き先を伝えたり、ハングルで書いたものを見せるのがいいかも。

 

韓国のタクシーについてはこちらがとても参考になります。

www.konest.com

 

 

マウルバスに乗車

 

じゃあバスで行こう!って事になりタクシーステーションの向かい側にあったバス停へ。

そこには既にバスが停まっていたよ。

幼稚園バスみたいな形の小さいバスでマウルバスって言うんだって。

 

D MUSEUMへ行くのは12番。

入口で友達がD MUSEUMに行くか聞いてくれたところ、行くと言うので何の疑いもなく乗車。

T-moneyカードはバスでも使えるので入口でピッとすればOK。

f:id:mlc510:20190216201012j:plain

 

バスが走り始めて5分も経たないうちに、D MUSEUMの方向と逆方面に行き出しました。

あれ? 行くんじゃないのかい!!

やばい!降りよう!ってなったんだけど、ブザーが近くにないの!

焦っていたら、誰かがブザーを押したらしく停まったので、そこで慌てて降りました。

降りる時もT-moneyカードをピッとかざせばOK。

 

 

徒歩で向かう

 

そこからは徒歩でD MUSEUMまで行ったよ。

f:id:mlc510:20190216201019j:plain

 

こんな景色の場所をひたすら歩く(振り返って撮った写真)

私たちが降りたバス停が向かって左側にチラリと見えてます。

f:id:mlc510:20190216201025j:plain

 

迷ってる途中だけど、ローカルな景色が新鮮で楽しい♬

f:id:mlc510:20190216201032j:plain

 

この辺で立ち止まって地図を見ていたら欧米人が通りかかり『どこに行きたいの?』と聞いてきてくれ、行き方を教えてくれました。

この周辺は大使館だらけだったから大使館で働いてる人かな?なんて思ったり(短絡的)

大使館勤務の人は優しいね〜!なんて友達とキャッキャッ言ってたw(勝手に決めつける)

f:id:mlc510:20190216201037j:plain

 

そして、やっと到着〜!

タクシー乗車拒否などはあったけど、色々な人に助けられ到着しました!!

f:id:mlc510:20190219225720j:image

 

あー長い道のりだった〜!!

バスを降りてから徒歩15分で到着。

また、鍾路3街駅(チョンノサムガ)からだと1時間10分もかかりました。

寒いしけっこう歩いたし疲れた〜!

 

D MUSEUMの場所はここ。

f:id:mlc510:20190219211526p:image

 

道順はこんな感じ。

上記の経験を踏まえ、少し遠いですが徒歩でも行ける距離なので、歩いた方がいいかも。

後日調べたら玉水駅からだと徒歩の方がいいと書いてありました。

f:id:mlc510:20190223144128j:image

 

それでは早速D MUSEUMへ♬

 

 

 

衝撃の結末

 

館内マップを見てD MUSEUMへ入ろうとしたんだけどなぜか辿り着かない。

非常階段や駐車場にばかり出てきてしまうの!

え? 何これ? 絶対合ってるはずなんだけどおかしいな。

 

ちょうどその時、韓国人男性が私たちが彷徨っている非常階段に出てきたので入口はどこか聞いたところ衝撃の結果が。

 

なんと2月14日まで休みでした!!

展示期間中で休みらしい。

 

マジか!!!!

せっかく苦労して来たのにー!!!!

この日は1月16日...

 

D MUSEUMの情報がそもそも少なくて、休みなんてどこにも書いてなかったし知らなかったのです。

いつかまた、展示物の入れ替えなどで休みになる事もあると思いますので、これから行く方はオープン情報を調べてから向かう事をおすすめします。

 

ちなみにここは、様々なお店が入っている『リプレイス』という複合文化施設のF棟M1・M2階の2フロアがD MUSEUMになっているんです。

 

他のお店はオープンしていたので私たちはカフェへ行きました。

そこだけでも開いてて本当に良かった。

 

D MUSEUMについてはこちらに詳しく書かれていますのでどうぞ♬

www.konest.com

 

 

 D MUSEUM場所詳細

 

 D MUSEUMの場所はこちら↓

● D MUSEUM 博物館・展示館・美術館・映画館)

住所:ソウル特別市 龍山区 漢南洞 50-1 F棟 (龍山区 読書堂路29キル 5-6) 

時間:火〜日曜 10時〜18時 / 金・土曜 10時〜20時 最終入場閉館30分前

休み:月曜・旧正月・秋夕の連休・展示準備期間

場所:地下鉄3号線玉水(オッス/Oksu)駅 3番出口 徒歩17分

・地下鉄6号線漢江鎮(ハンガンジン/Hangangjin)駅 タクシー約5分

料金:大人(19歳以上)8,000ウォン

・学生(8〜18歳)5,000ウォン

・子供(3〜7歳)  3,000ウォン

 

 

D MUSEUMのサイト

www.daelimmuseum.org

 

 

 

 

 

次の記事はこちら↓

www.trip-cafe510.com

 

前の記事はこちら↓

www.trip-cafe510.com