Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

韓国旅㉑ 韓国で最も歴史が古い明洞大聖堂【白バラのライトアップ】

f:id:mlc510:20190224211934j:image

こんにちは! Mocaです♬

 

漢南からバスで明洞へ移動しました。

その時の記事はこちら ↓

韓国旅⑳ 【漢南洞】replace D MUSEUMから明洞までの行き方【路線バス】 - Trip&Cafe

バスを降りた場所が明洞大聖堂の近くだったので行ってみる事に。

 

 

 18:30

丘の上に建つ韓国カトリックの教会『明洞大聖堂(ミョンドンソンダン)』に到着。

韓国では最も歴史が古く大規模なんだとか。

 

高層ビルやホテルなど新しいものが建ち並ぶ明洞に突然現れる大聖堂は、まるで別の国に来たような感じでした。

f:id:mlc510:20190223114332j:plain

 

 

バラのライトアップ

 

大聖堂の周りが白いバラのライトアップに囲まれていて幻想的でとってもキレイでした!

f:id:mlc510:20190223114340j:plain

 

私こんなの初めて見たかも。感動…。

こういうライトアップ素敵だなー。

優しい光に癒されます。

f:id:mlc510:20190223114347j:plain

 

 

明洞大聖堂とは

 

明洞大聖堂は韓国で最初のレンガ聖堂で純粋なゴシック様式の構造なんだそうです。

当初は鐘峴聖堂という名で呼ばれていましたが1945年、日本からの独立を機に現在の『明洞大聖堂』という名称に改められたのだとか。

 

頂いてきた日本語パンフレット↓

f:id:mlc510:20190224212741j:image

 

この日は月がいい感じに出ていて大聖堂を照らしていました。

絵になる〜!!

f:id:mlc510:20190223114357j:plain

 

右側にはソウルタワーも見えるんです。

f:id:mlc510:20190224213328j:image

 

 

大聖堂の内部

 

早速中に入ってみましょう。

大聖堂の内部はこのようになっています。

f:id:mlc510:20190224212716j:image

 

静かにお祈りをしている人が何人もいました。

韓国人はキリスト教徒がかなり多いらしい。

f:id:mlc510:20190223114407j:plain

 

シーンと静まり返っているから音を出さないように緊張した。

ちなみに私のカメラはシャッター音が鳴らない設定にしてあるんです。

f:id:mlc510:20190223114417j:plain

 

 

ステンドグラス

 

正面のステンドグラスはロザリオの祈り 15段のステンドグラス(イエスの誕生)というらしい。

このステンドグラスは1982年に故 李南奎画伯によって復元されたもので、元はフランスのベネディクト会の修士によって製作されたものなんだそうです。

f:id:mlc510:20190223114427j:plain

 

こちらは、韓国最初のカトリック司祭だった『聖金大建(キムデゴン)アンドレア像』

f:id:mlc510:20190223114435j:plain

 

『聖誕と三王敬拝』

大聖堂の絵画で、チマチョゴリを着ている人は初めて見たので新鮮でした。

f:id:mlc510:20190223114443j:plain

 

私たちは行かなかった(気付かなかった)のだけど地下聖堂というのもあったらしい。

f:id:mlc510:20190224215553j:image

知ってたら行きたかったな。

 

 

まとめ

 

行く予定はなかったのだけど、あまりの美しさに惹かれフラフラ〜っと入ってみた明洞大聖堂。

厳かな雰囲気で緊張したけど行って良かったです。

 

また、ここは『美男ですね』や『美しき日々』などの韓国ドラマのロケ地としても有名みたい。

ドラマを見たことがないのでピンとこなかったけど、見た後に来たら違う楽しみ方が出来たんだろうな♬

 

 

場所詳細

 

明洞の繁華街から離れた静かな場所にあります。

明洞大聖堂

 

住所:ソウル特別市 中区 明洞2街 1-1
(中区 明洞キル 74)

電話:02-774-3890

時間:6時半〜21時

休み:なし

 

 

ミサも行われているみたいですよ。

f:id:mlc510:20190224215718j:image

 

明洞大聖堂を出た後は、スタイルナンダのピンクホテルへ行きました。

それではまた!

  

 

 

次の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

前の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

韓国旅行記まとめ