Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

シンガポール旅⑬ 【マリーナベイ】River Cruiseでシンガポールの夜景を堪能【レーザーショー】

f:id:mlc510:20190309193423j:image

ラサプラマスターズで夕食を食べた後は、リバークルーズをしに行きました。

 

 

 

 

リバークルーズ

 

ショップスアットマリーナベイサンズを出てすぐの場所にある、リバークルーズのチケット売り場へ行きチケットを購入しました。(この写真は夕食前に撮ったもの)

 

リバークルーズは、シンガポールリバークルーズという会社が運営していて、マリーナベイ・クラークキー・ボートキー・ロバートソンキーなどの夜景の名所をめぐり1周して戻ってくる40分間の船旅。

 

 

 

料金

 

●通常

大人25ドル / 子供(3歳〜12歳)15ドル

 

●レーザーショークルーズ

大人38ドル / 子供(3歳〜12歳)22ドル

 

レーザーショークルーズとは19:30と20:30に開催される特別なナイトクルーズなんだそうです。

 

私たちは20時からのマリーナベイのライトショーに合わせて乗る事にしました。(私たちが行ったのは2016年11月だったのですが、この時はレーザーショークルーズ料金というものはなかったです。全て一律料金だったよ。

 

 

Webで安くチケット購入

 

リバークルーズは公式サイトのvoyagin(ボヤジン)で購入すると8%オフで手に入ります。

www.govoyagin.com

 

予約をするとQRコードのついたEチケットが登録したメールアドレスに送られてくるので当日チケットカウンターでEチケットを見せるだけ。 

スマホの画面でも印刷したものでもどっちでも大丈夫です。

 

 

40分間の船旅

 

時間になるまで近くのベンチで乗船待ち。

 

船は中国系のバムボート。

かつては港湾内で荷物を運ぶために使われていたんだって。

 

下調べして行ったところ、最後尾の屋根なし部分が何もさえぎる物がなくオススメとの事。

 

時間になり順番に船へ。

1番最初に並んでいたので最後尾席ゲットしました!

 

ボートからの眺めは最高。

リバークルーズは40分間の予定だったけど1時間も回っていました。

 

出発♬

 

いいタイミングでマリーナベイのレーザーショーが始まりました。

 

向かって右側に噴水も上がっているのわかるかな?

レーザーショーやっぱりしょぼいw

テレビや雑誌だと最高にキレイに見えるのはなぜ?

それほどギャップがありました。

 

レーザーショーが終わり、クラークキーに向けどんどん進んで行きます。

 

ガラス張りの観覧車『シンガポールフライヤー』も船から見ると少し違って見えます。

 

ここは何だったんだろう?

 

この場所はフラトン☻

ピンク色のはカヴェナ橋。

背後のTHE FULLERTON HOTELも素敵カナヘイきらきら

次はここに泊まってみたいかも。

 

ボート・キー

1860年代まで貿易の中心だったエリアなんだって。

 

古くて異国情緒溢れる建物が建ち並んでいました。

 

ここ歩いてみたかったな〜!

 

 

クラーク・キー

ラストランやバー、エンターテイメント施設が集中しているエリア。

 

色とりどりのキノコみたいな屋根が可愛い

 

クラークキーでは船を降りる人もいました。

また、乗船してくる人もいたよ。

 

 

この辺はレストランが沢山建ち並んでいました。

 

 

カラフルなライトアップがキレイ。

 

 

ここでUターンし来た道を戻ります。

ボートキーの雰囲気、好きだったなぁ。

 

 

フラトン

 

 

帰りはマーライオンの近くを通ります。

マーライオンの顔がw

ゆるキャラみたいになってるんだけどww

正面で見ると愛嬌があって可愛いかも。

リバークルーズだと、通常では見られない角度でマーライオンを眺められるのがいいですよね。

 

戻って来ました〜。

 

リバークルーズ本当に楽しかった。

これ絶対オススメ。夜になると涼しいしねカナヘイきらきら

 

 

この時21時。

マリーナベイは、お店も遅くまでやってるし治安もいいのでまだまだ遊べます。

 

 

 

 

次の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

前の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com