Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

シンガポール旅㉓ 【常春の楽園】ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの2大ドームを写真たっぷりでご紹介します!

f:id:mlc510:20190324110828j:plain

 
チャイナタウンを出た後はガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ行きました。
マリーナベイサンズの前にあるガーデンズバイザベイは近未来的で中がどうなっているのか気になりますよね。
私もずっと気になっていました!
 
そこで今日はこちらを写真たっぷりでご紹介します。
 
Point

 

ガーデンズバイザベイへの行き方
チケットの購入の仕方
世界中の春を再現したフラワードーム
高原の自然を再現したクラウドフォレスト
 
 

 

ベイフロント駅からの行き方

 

ガーデンズバイザベイはMRT(地下鉄)サークルラインかダウンタウンラインに乗りベイフロント駅を下車しB出口に進みます。
B出口を出てからも行けますが地下通路を進み、突き当たりで階段かエレベーターで外に出ます。

 

私は地下通路に気付かず、B出口から外に出てしまいました。

その時土砂降りの雨だったのですが、近くて屋根もあったため濡れずに行けたのが良かったです☻

 

 

ガーデンズバイザベイとは

 

マリーナベイサンズの目の前にある広大な庭園で、2012年6月にオープンしました。

未来都市を思わせるような巨大な人工樹『スーパーツリー』が有名。

園内は

Point

 

高原の自然を再現したガラス張りのドーム『クラウドフォレスト』

世界各地の春を再現している『フラワードーム』

マレーや中国などシンガポールを構成する文化を表現した『ヘリテージガーデン』

スーパーツリーグローブの上を歩けるOCBCスカイウェイ

 

などがあり丸1日楽しめます。

 
 
 

チケット

 
B出口を出てすぐの場所にあるチケット売り場では温室2ヶ所とシャトルバス当日乗り放題のチケットを購入
大人S$28  子供(3歳〜12歳)S$15
シャトルS$3 です。
 
チケット売り場はB出口のすぐ近くだけではなく、こちらの2ヶ所でも購入出来ます!
ちなみにOCBCスカイウェイのチケット売り場ではクラウドフォレストやフラワードームのチケットは購入出来ませんのでご注意ください。
f:id:mlc510:20190518195103j:image
 
また、Voyaginからガーデンズ・バイ・ザ・ベイのチケットを購入すると18%オフになり、OCBCスカイウェイチケット付きオプションもあります
 
この日は雨だったため誰も歩いている人はいなくてシャトルバス待ちの長い行列が出来ていました。

雨が降ると連日の猛暑が嘘のように快適な気候になるのでバスの待ち時間も余裕☺︎
 
 
 

園内マップ

 
ちなみにガーデンズバイザベイ内はこんな感じです。
かなり広いので好きな人は1日いられるかもしれません☻
 
 
シャトルバスに乗り5分ほどで温室の入口に到着。
ワニのベンチいい感じ〜!
 
毎日ホテルの部屋から見えていた、光るドームは温室だったとこの時初めて気づきました。
 
 
 

クラウドフォレスト

 
温室のひとつ、クラウド・フォレストへ最初に入りました
 
中はこんな感じになっています。
 
室内は寒くて風邪をひくかと思ったほど。
羽織るものを何か持ってきた方がいいです。
 
ここは熱帯の高知に広がる、冷涼で湿度の高い雲霧林を再現してるんだとか。
 
 

人工滝

 
エントランスの目の前には、35mの人工の山から滝が落ちていました!
 
人工とは言えけっこう迫力あります。
マイナスイオン出てるかな? 肌に良さそうですね♬
 
向かって左側に展望台みたいのがありますが、
 
そこからの景色がこれ。滝の裏側から見た感じ。
 
人工の山の壁面には植物がビッシリ。
ここに生えているのは希少なものなんだとか。
 
遠くで見るとこんな感じ。
 
山から突き出してる歩道面白いよね。
クラウド・ウォークといって、両端は網目なのでスリルがありました。
 
キレイなお花もたくさん。
 
なんかこれ毒々しい。
 
フォトスポット。
この花ちょっと怖いですね。食われそう…
 
さらに進むと謎のものが出現しました。
 
パッと見、これやばい!と思ったんだけどよく見ると全てレゴ!
 
ラフレシアも。
 
現実にこんな色の食虫植物あったら怖い。
 
レゴの上には本物のウツボカズラが。
奇抜過ぎるレゴのせいで影が薄くなっています
 
 
 

ロストワールド

 
ここを通り抜けた後はエレベーターで6階へ。
しばらくすると標高2000mの高山地帯を再現したロスト・ワールドが目の前に広がります!
 
 
その周りにはキレイなランも咲いていました。
 
 
 

クラウドウォーク

 
ここからは山の周囲をめぐらせたクラウド・ウォークという空中回廊を歩きながら下りて行きます。
 
マリーナベイサンズもよく見えます。
うちらが滞在していた部屋あの辺かな〜?なんて階数を数えたりしていた。
 
 
ここ、宙に浮いているみたいで楽しい
 
溢れ出るジブリ感。
 
進んで行くとクリスタル・マウンテンという見上げる高さの鍾乳石や紫水晶などの奇石コーナーがありました。
ここはあまり興味が湧かなかったのであまりじっくり見ず通過。
 
どんどん下りて行きます。
 
ジャングルっぽくて雰囲気いい。
 
そろそろ出口に近づいてきました。
ここを通り抜けたらお土産屋に出たのでちょっと買い物をしました。
 
 

フラワードーム

 
クラウドフォレストを出た後は向かい側のフラワードームへ。
 
ここはボトルツリーのエリア。

 
フラワードームは乾燥した冷涼な地域の春を再現しているんだって。
クラウドフォレストの寒さはやばかったけど、こっちは快適な温度でした。
 
こっちはバオバブかなぁ?
ボトルツリーとバオバブってなんか似てますよね。
似ているからあえて、違いを見せるために一緒に展示されているのだとか。
 
写真だと分りにくいですが、ドーム内はこんな感じ。
 
多肉植物の庭・オーストラリアの植物・地中海の植物・南アフリカの植物・カリフォルニアの植物・バオバブの森・オリーブの森とエリア分けされています。
 
明るくてキレイ。
 
こんな不思議なオブジェがあったりもした。
何これw
下半身がなくて怖いけど宙に浮いてるみたいで不思議。
 
これも不思議な木ですよね。
 
 
 
 
こんな可愛い場所もありました。
 
 
 

クリスマスイベント

 
後から気付いたのですが、クリスマスのイベント中だったみたい。
 
紫陽花×クリスマス。
日本では絶対に見かけない光景。
 
 
 
この場所にずっといたいほど可愛かったな。
 
流れている音楽もクリスマスムードを盛り上げていました
 
 
 
名残惜しいけど、時間が無いのでそろそろ出ます!
 
全然関係ないけどフラワードームを出る直前に見かけたレストランのライトがすごく可愛い。
 
天井からぶら下がってる?
 
 
 

スーパーツリーグローブ

 
フラワードームを出た後はスーパーツリー・グローブを間近に見に行きました。
人工の木の周りは本物の植物が茂っています。
ここは夜になると未来都市みたいな雰囲気になってとてもキレイなんですよね。
 
もっとゆっくりしていたかったけど、雷がすごかったので早々と退散。
少し離れた場所にあるスーパーツリーを繋ぐ吊り橋『OCBCスカイウェイ』にも行きたかったのですが、雷雨が激しくて危険そうなので諦めました
 
帰りのシャトルバスの行列。
 
こんな感じでそんなに大勢乗れないのでけっこう待ったなぁ。
 
 

最後に

 

今日はガーデンズバイザベイのクラウドフォレストとフラワードームを紹介させて頂きました!

いかがでしたか?

クラウドフォレストの中はマイナスイオンがたっぷり!

森の中にいるような雰囲気で、熱帯のシンガポールにいながら爽やかな空気を感じる事が出来気持ちよかったです♬

シンガポールに訪れた際にはぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

場所詳細

 

●Gardens by the Bay(ガーデンズバイザベイ)
住所:18 Marina Gardens Dr, シンガポール 018953
電話:+65 6420 6848
時間:5時〜深夜2時
 

はてなブログの方は読者登録して頂けると嬉しいです♬

 

 
 
次の記事はこちら。
 
前の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

シンガポール旅行まとめ