Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

シンガポール旅⑳ 【チャイナタウン】シンガポール最古の中国寺院 シアン・ホッケン寺院

11月26日

シンガポール4日目 最終日

この日はショップスアットマリーナベイサンズで買い物→中国寺院のシアンホッケン寺院→ホーカーズでランチ→チャイナタウン→ガーデンズバイザベイと盛り沢山の1日でした。

 

 

 

朝食はまたRISEへ。3日連続w

 

RISEの記事はこちらをどうぞ。

www.trip-cafe510.com

 

ホテル滞在中、料理を全種類制覇したかったけど多過ぎて無理でした。

 

この日はワンタン麺を食べてみたけどスープがとっても美味しかったです♬

 

食後はショップスアットマリーナベイサンズへ行きお土産を買いホテルへ戻りました。

 

 

チャイナタウン駅周辺散策

 

今日はまず最初にチャイナタウンへ行こうって事になりMRT(地下鉄)でチャイナタウン駅へ。

 

出口を間違え、何もない場所に出て来てしまった私たち。

とりあえず歩いてみたのだけど完全に道に迷いチャイナタウンに辿り着かないので、しばらく街歩きを楽しむ事にしました。

 

建物が可愛い。

 

これは窓の並びが個性的で面白いな〜。

 

当たり前だけどチャイナタウン駅は中国系のお店多し。

それ以前に、シンガポールの人口の75%は中国系だしね。

 

もう少し歩いてみようって事でブラブラ。

 

 

 

この辺の建物、みんな可愛い☻

 

 

奥に見えるビル不思議。

シンガポールって建物が本当に面白いんです。

ビル手前に見える神様の像で出来た屋根はヒンドゥー寺院かな。

 

ここ↓は違いそうだけどチャイナタウンには『スリ・マリアマン寺院』というのがあるんだよね。

そこは1827年建立のシンガポール最古のヒンドゥー寺院で国の重要文化財なんだって。

 

暑いけど体力が許す限りブラブラ。

 

 

テロックアヤー駅周辺

 

気付いたらTelok Ayer駅(テロックアヤー)まで来ていました。

小道の景色がカラフルで可愛い。

 

 

この辺はバーやレストランが多かったな。

 

 

どこもみんな窓が可愛いんだよな。

 

 

 

シアン・ホッケン寺院

 

街歩きをしていたらシアン・ホッケン寺院というシンガポール最古の中国寺院に辿り着きました。
 
入園料は無料。
 
 
ここは中国の移民たちが航海の無事を感謝し1841年に建立した寺院で、海を鎮める女神・天后聖母が祀られているそうです。
再開発が始まる以前はこの場所が海に面していたんだって。

 
早速中に入ってみました。
金色の装飾に真っ赤な提灯が中国らしくてとても華やか。
寺院の建物は一切釘を使っていないのが特徴なんだって。1973年にはシンガポールの国有記念物に指定されたそうです。
 
(振り返って撮った写真)
実はこの時、暑過ぎてフラフラでした。
シンガポールの暑さは本当にやばいです。
 
ちなみに建物内は撮影禁止だったので写真はありません。
本堂には海の守り神『天后聖母』が祀られていたのですが、国の重要建築物に指定されているんだって。
 
中国のお寺って目が覚めるような鮮やかな色使いですよね。
 
床のタイルとかも可愛いし。
 
 
 
 
夫がこれを鳴らしてみました。
 
その背後は可愛らしい建物。
 
よく見るとQBハウスがあるw
 
参拝もしたので、そろそろ次の目的地へ行きます(振り向いて撮った写真)
 
中国らしい、華やかで色鮮やかな素敵な寺院でした。
 
ふと見上げた屋根の装飾もキレイ!
 
こっちもなんか可愛い。
 
 
シンガポールでモスクやヒンドゥー寺院、中国寺院まで行けるとは思わなかったな。
多民族国家ってやっぱ面白い
 
 

 
 

場所詳細

 

●Thian Hock Keng Temple(シアンホッケン寺院 / 天福宮)
住所:Telok Ayer St, 158, シンガポール
場所:Telok Ayer駅(テロックアヤー)徒歩3分
電話:+65 6423 4616
時間:7時半〜17時半
入場無料
 
 

 
 
次の記事はこちら。
 
前の記事はこちら。