Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

ニューカレドニア⑯ 【海の宝石イルデパン】ル メリディアンからピッシンヌ・ナチュレルまでの行き方【天然のプール】

f:id:mlc510:20190424224431j:image

皆様こんにちは♬  

海外とカフェが大好きで世界中を旅しているイラストレーターMocaです☻

 

イルデパンのホテル『ル メリディアン』にチェックインした後は、天然のプールと称されている『ピッシンヌ・ナチュレル』へ行きました。

ピッシンヌナチュレルはイルデパンの3大ビーチのうちのひとつでとってもキレイなんです!

ちなみに他はクトビーチカヌメラビーチ。

今日の記事ではル メリディアンからピッシンヌナチュレルまでの行き方をご紹介します!

 

 

 

ピッシンヌナチュレルへ

 

行き方はホテルから頂いた地図があったので迷う事はなかったです。

ちなみにイルデパン島でピッシンヌナチュレルに徒歩で行けるホテルは『ル メリディアン』だけ。

そんな理由もあり、ここのホテルを予約したんですよね。

他はタクシーやオプショナルツアー、ホテルの送迎などに申し込まないと行けません。

f:id:mlc510:20190422132952j:image

 

ホテルを出てル メリディアンの看板を背にすると、
f:id:mlc510:20190422133017j:image

 

ホテルへ来る時に通った橋がありますが、
f:id:mlc510:20190422132937j:image

 

橋を渡らずに左側へ行くと、

f:id:mlc510:20190422132900j:image

 

ヨットが見えるのでヨットの奥の道を歩いて行きます!
f:id:mlc510:20190422132943j:image

 

この景色、本当にキレイでした!(加工なし!)

f:id:mlc510:20190422211239j:image

 

ディズニーのアトラクションでよく見かける感じに似てる。
f:id:mlc510:20190422132956j:image

 

ちなみにホテルを出てすぐ、ヨット手前に日本語で書かれた看板があるので道なりに進めば大丈夫です。

ヨットはこの看板の裏にチラリと見えてるもの。

私達は写真を撮りたいのでわざわざヨットまで行きました。
f:id:mlc510:20190422132911j:image


f:id:mlc510:20190422132856j:image


f:id:mlc510:20190422133000j:image

 

ピッシンヌナチュレルに行かなくても橋の周辺だけで既にキレイ。

期待が高まります♬
f:id:mlc510:20190422132923j:image


f:id:mlc510:20190422125505j:image


f:id:mlc510:20190422132846j:image

 

途中で分岐するので写真向かって右側へ。
f:id:mlc510:20190422132919j:image

 

分かりにくいですが、こんな表示も出ています。
f:id:mlc510:20190422131321j:image

 

 

水中を歩く

 

ここからはしばらく水の中を歩きます。 

水はぬるま湯みたいに温かい。

友達いわくボウフラがいたらしい。

私は虫が大嫌いなので水の中をじっくり見ないようにしていました。

f:id:mlc510:20190422132905j:image


f:id:mlc510:20190422132927j:image

 

f:id:mlc510:20190422125637j:image

 

浅瀬なので足首より少し上くらいの深さ。
f:id:mlc510:20190422125448j:image

 

水の中はけっこう歩いた感じがする。
20分くらいかなぁ?

小さいお子さんが一緒だと大変かもしれませんね。

 

写真向かって左側に今は使われていないロッジがありました。その雰囲気がディズニーランドのジャングルクルーズで見かける景色に似ていた。

例えがディズニーばかりですみません。

好きなのでw
f:id:mlc510:20190422125427j:image

 

ここを奥までずーっと歩いて行きます。

陸地に上がる時も看板が出ているので分かりやすいのですが下ばかり見ていると見逃すので注意してください☻

 

水は透明度が高く魚が泳いでいるのがよく見えました。

ちなみにここにいる魚はみんなこの白砂と同じ色!

パッと見、よく見えないけど影で魚がいる事が分かる感じ。
f:id:mlc510:20190422125300j:image

 

あと、マリンシューズは必須!

細かく砕けた貝が多いので裸足やビーサンで歩くと足の裏に砕けた貝が刺さる事があります。

地味に痛いな〜と思ったら貝のカケラだったんです。

 

この看板が出て来たら矢印の通りに左側へ。
f:id:mlc510:20190422124914j:image


f:id:mlc510:20190422132836j:image

 

またしばらく水中を歩きます。
f:id:mlc510:20190422125250j:image

 

でも景色がキレイなので全然苦じゃない。

むしろ楽しい☻
f:id:mlc510:20190422132842j:image

 

分かりにくいですが、この小さな看板が陸地に上がる目印です。

進行方向の左側に出てきますが、小さいので見逃さないようにしてください。
f:id:mlc510:20190422125105j:image

 

 

ジャングルを歩く

 

ここから先はジャングルのような森の中を10分くらい歩きます。
f:id:mlc510:20190422132933j:image

 

こんな風に道が出来てるから分かりやすいです。

道沿いに歩けば自然にピッシンヌナチュレルに出れますよ。
f:id:mlc510:20190422211245j:image

 

木の根っこが飛び出ていたり石があったり足下が悪いので注意してくださいね。
f:id:mlc510:20190422125011j:image


f:id:mlc510:20190422211259j:image


f:id:mlc510:20190422131340j:image

 

 

カニの巣窟

 

森の中はあちこちに穴が開いています!

f:id:mlc510:20190422132915j:image

私たちが近づくとみんなサササッと素早い動きで穴の中に入って行くので、最初は姿を見る事が出来ませんでした。

何が今入った?と思い、そーっと歩いたらカニ発見! 大中小さまざまな大きさのカニがいました。

 

このカニはでかかった!
f:id:mlc510:20190422125237j:image

 

水色の不思議な模様があるカニもいました。
f:id:mlc510:20190422211249j:image

 

こっちは片方のハサミだけ大きいシオマネキかな。

体は黒くて片方の大きい手だけ赤いんです。

f:id:mlc510:20190422211254j:image


f:id:mlc510:20190422125045j:image

f:id:mlc510:20190422124848j:image

 

道なりにどんどん進んで行きます。

今回虫はあまり見かけなかったけど大きなトカゲはいた。
f:id:mlc510:20190422125537j:image


f:id:mlc510:20190422132930j:image


f:id:mlc510:20190422133004j:image

 

歩いている時に右横を見ると不思議な場所が!

地面から出てるの何!?と最初思ったのだけど木の根っこでした。

こんなの初めて見た。
f:id:mlc510:20190422133007j:image

 

f:id:mlc510:20190426004746j:image

 

木の根っこの奥に行くと見える景色。

ここもとてもキレイな場所!

メリケン粉みたいなきめ細やかなパウダーサンドで素足で歩くと感触が気持ちいいんです!
f:id:mlc510:20190422132851j:image

 

さっきの場所に戻り更に歩くと、インスタで見たことのある景色が出てきました。
f:id:mlc510:20190422125015j:image

 

 

天然プール到着

 

ピッシンヌ・ナチュレルに到着しました。

ビックリするほどキレイ!

ここにアップした写真は一切加工していません。

見たまんま!

なので、あれ?なんか違う!がっかり!なんて事はないです。

むしろ写真よりキレイ。

この美しさ、写真だと伝えられないのが残念。

 

ジャングルの入口で200CPF入場料が必要と色んな人のブログで見かけたのですが、ル メリディアンから行った場合料金はかからなかったです。
f:id:mlc510:20190422125517j:image

 

南洋杉(ナンヨウスギ)が印象的ですよね。

イルデパン島にヨーロッパ人として初めて訪れたキャプテンクックがナンヨウスギを松の木と勘違いして『Isle of Pine(松の島)』と呼んだそうです。

そのフランス語読みがイルデパンなんだって。
f:id:mlc510:20190422133013j:image

 

ピッシンヌナチュレルはオロ湾から海水が絶えず流れ込んできて、海水の透明度が高く入り江になっているので波がたたず穏やか。

なので多くの熱帯魚が集まって来るんだって。

『天然のプール』とも言われています。f:id:mlc510:20190422125603j:image

 

本当に波がない。

f:id:mlc510:20190423231413j:image


f:id:mlc510:20190423231419j:image

ずっと浅瀬かと思いきや突然深くなる場所があるので気をつけてくださいね〜。

 

 

注意点

 

ピッシンヌナチュレルは大自然なため、売店やトイレや更衣室などは一切ありません。

以下注意点です。

 

水着は洋服の下に着てくるようにしましょう☻

 

ここにたどり着くまで日差しが暑くて喉が乾くので必ず飲み物は必ず持って行くようにしてください。

 

ロッカーなど持ち物を預けるような場所ももちろんないので貴重品は持ってこない方がいいです。

けっこう人も多いので。

私達は一眼レフやスマホなどどうしても持って行きたかったので、友達と順番にシュノーケリングしました。

 

干潮時と満潮時で水の位置が変わるので荷物を置く場所には注意してください。

 

トイレもないのでホテルなどで済ましてきてください。

 

 

まとめ

 

ル メリディアンからピッシンヌナチュレルに着くまで歩いて30〜40分くらいかかったかな。

水の中をしばらく歩かないといけないのですが、スムーズに歩けないのでこれが時間がかかる原因。

ずっと陸地だったらもっと早く着けたと思うんですけどね。

でも、やっぱりホテルから徒歩で行けるって楽!

行く前は、けっこう歩きそうだな〜めんどくさいな〜なんて思っていたのだけど、道中の道のりも新鮮で楽しめるし全く苦ではなかったです☻

 

 

最後に

 

次の記事ではピッシンヌナチュレルでシュノーケリングした時のことを書いていこうと思います。

メトル島よりもキレイな魚やシャコ貝が沢山いました!

 

 

ピッシンヌナチュレル場所

 

●Piscine Naturel(ピッシンヌ・ナチュレル)

住所:CG8H+C6 Yuate Tremwatre, ニューカレドニア

 

ここです。

f:id:mlc510:20190424083810j:image

 

 

次の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

前の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

 

 

こちらもどうぞ。

www.trip-cafe510.com

 

www.trip-cafe510.com

 

www.trip-cafe510.com

 

www.trip-cafe510.com