Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

ニューカレドニア⑤ 【バスの乗り方】アンスバタからメトル島へ行く水上タクシー(ボート)乗り場への行き方

f:id:mlc510:20190409151848j:image

3月28日(木)

ニューカレドニア2日目。

 

今日はメトル島へ行きエスカペードアイランドリゾート(レスカパイロメイト)の水上コテージに1泊します。

メトル島へのアクセスはホテル専用の水上タクシー(ボート)なので、乗り場まではバス(KARUIA BUS)で向かいました。

今回の記事ではバスの乗り方やボート乗り場までの行き方、水上タクシーに乗るまでの事などを書いていきます。

 

 

 

アンスバタのバス停へ 

 

8:30起床、9:30にチェックアウトしたよ。

 

次の日は再びヌバタホテルに宿泊するので、1泊分の荷物だけ持ちスーツケースはホテルに預かってもらいました。

 

バス停は『Anse Vata(アンスバタ)』

ヌバタホテルの目の前にあります。

この白いポールがバス停の目印。

f:id:mlc510:20190409102210j:image

 

10・11・12・70番のバスがここを通ります。

f:id:mlc510:20190409141922j:image

 

奥に見えるのはヌバタホテル。

分かりやすい場所にあるので初めて来ても迷う事はないかな☻
f:id:mlc510:20190409141926j:image

 

写真向かって左側からバスが来ます。
f:id:mlc510:20190409102219j:image

 

待ち時間、陽射しがめっちゃ強くて暑いので日焼け対策必須です。

まぶしくて目が開かないのでサングラスも忘れずに。
f:id:mlc510:20190409102214j:image

 

 

10番か11番のバスに乗車

 

10:10 バスがやって来ました。

f:id:mlc510:20190409101954j:image

ここを通るバスは全部水上タクシー乗り場の最寄りバス停『Musee Territorial』を通りますが10番か11番のバスに乗ってください。それ以外のバスは遠回りになります。

 

距離的には『アンスバタ』から『Musee Territorial』までバスで15分くらいかな。

f:id:mlc510:20190409142222j:image

 

10番・11番は黄緑のラインで運行されています。

f:id:mlc510:20190409134811j:image

 

バスの主なルート表。

f:id:mlc510:20190409134821j:image

 

ちなみに何番か表示されていないバスもあり、そんな時は乗車時にバスの運転手に確認しました。

簡単な単語で通じるので、不安な場合は確認してみてください。

f:id:mlc510:20190409204740j:image

(普通はここ↑に番号や行き先が書かれている)

 

f:id:mlc510:20190409102445j:image

 

 

バスの乗り方

 

バスの料金は大人ひとり210CFP(子ども100CFP)

(事前購入だと190CFP。購入出来る場所は長距離バス『Rai』ターミナル前にあるカルイアバスチケット売り場)

前から乗り運転手さんに人数を告げチケットを購入。

手渡されたチケットはこの黄色い機械に通します。
f:id:mlc510:20190409141840j:image

 

機械に通す時、入れる向きに気をつけてください。

チケットに書いてある矢印の方向で差し込みます。
f:id:mlc510:20190409101950j:image

 

入れ終わったらバスのチケットは無効になるので、バスに乗るたび運転手から買うようにしてください。

私は4回乗ったので4枚のチケットが手元にありますが記念に残しておく事にしました☺︎

 

裏を見たらこんな感じで乗った時間が印字されていたよ。

f:id:mlc510:20190409135027j:image

 

この日のバスは車内に音楽がかかっていたw

ニューカレドニアのバスってノリノリなんだな〜なんて思っていたのだけど、運転手によって違うらしい。滞在中バスには4回乗ったけど音楽をかけていたのはこの運転手だけでした。

でもバスに音楽がかかっていた方が楽しいよね♬
f:id:mlc510:20190409102011j:image 

 

ムービーです♬

 

バスの車内はこんな感じ。

背もたれの落書きすごいw

こういう落書きを見ると治安が悪いんじゃ?なんて思っちゃうけど、ニューカレドニアは日本より治安がいいんだって。
f:id:mlc510:20190409102002j:image

 

ちなみに優先席は前の方にあります。

f:id:mlc510:20190409102206j:image

 

 

バスの降り方

 

バスを降りる時はブザーを押すよ。

最初ブザーの場所が分からなくて探したら黄色いパイプのような場所にあった。

f:id:mlc510:20190409213626j:image

 

ちなみに車内アナウンスはないので、目的地を地図で確認しながら良さげな所でブザーを押すようにしてください。

ブザーを押すと正面のモニターに『STOP』と表示されます。

f:id:mlc510:20190409213423j:image

 

 

『Musee Territorial』で下車

 

メトル島へ行く水上タクシー乗り場から1番近いバス停は『Musee Territorial』

マクドナルドが見えてからボタンを押すと『Musee Territorial』で停車します。

降りる時は後ろから。

 

『Musee Territorial』

アンスバタからここまで10〜15分くらいで着きます。

f:id:mlc510:20190409135325j:image


f:id:mlc510:20190409102015j:image

 

振り返って撮った写真。

目印となったマクドナルドはこれ。
f:id:mlc510:20190409144219j:image

 

 

水上タクシー乗り場の行き方

 

バスを降りてからの水上タクシー乗り場への行き方はこんな感じ。

写真向かって右側の赤丸がバスを降りたところ。

f:id:mlc510:20190409144243j:image

 

この赤丸のところが水上タクシー(ボート)乗り場。

私達はボート乗り場へ直行しないでスーパーに寄ってから行ったので遠回りしたけど、バス停からボート乗り場までは近いです。

f:id:mlc510:20190409144419j:image

 

バス停のすぐ近くに屋外遊園地があるのだけど水上タクシー乗り場はここのすぐ裏。
 
 

水上タクシー乗り場到着

 
11:25 水上タクシー乗り場へ到着。
予約していた出発時間は11:30。
ギリギリ間に合ったー!
f:id:mlc510:20190409144610j:image
 

f:id:mlc510:20190409144600j:image
 

f:id:mlc510:20190409144604j:image
 
 

チケット受け取り

 
これは後日撮った写真なので閉まっていますが、ここの窓口で予約していた名前を伝えるとチケットを受け取れます。ちなみに無料。
ホテル専用の水上タクシーなので無料なんだと思います。送迎的な。
荷物の有無もここで伝えるよ。
私達は1泊分の荷物で来たけどスーツケースの人もちゃんとボートに乗せてもらえるので大丈夫です。
f:id:mlc510:20190409144828j:image

 

友達が日本で事前予約をしてくれていたので、友達の名前入りのチケット。

f:id:mlc510:20190409145035j:image

 

ボートの出発時間はこんな感じです。
f:id:mlc510:20190409144824j:image

 

 

場所詳細

 

水上タクシー(ボート)乗り場の場所。

地図ではLe Bout Du Mondeというレストランが表示されていますが、ボート乗り場はピンのすぐ上あたりです。 

 

 

日帰りで行く場合


上記で書いたのは、メトル島のエスカペードアイランドリゾート『レスカパイロメイト』に宿泊する場合のホテル専用ボートでメトル島へ行く方法ですが、日帰りで行く事も出来ます。

 

その場合はアンスバタにある水上タクシー『プラージュ・ロワジール』か『コリン・エクスカーション』の2つを利用してください。

水上タクシー乗り場はここと、
f:id:mlc510:20190411150752j:image

ここですね。

f:id:mlc510:20190411150756j:image

人数が集まると出発するそうです。

 

 

アンスバタから水上タクシー乗り場までの行き方、お分かり頂けたでしょうか?

ネットで調べても全く情報が出て来なかったため、この記事を書いてみました。

どなたかのお役に立ち、不安が解消出来たら幸いです。

何かご質問などございましたらお気軽にコメントどうぞ♬

 

次の記事では水上タクシー(ボート)乗り場に来る前に立ち寄ったスーパーについて書いていきます。

 

 

 

次の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

前の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

 

 

こちらもどうぞ。

www.trip-cafe510.com

 

www.trip-cafe510.com

 

www.trip-cafe510.com

 

www.trip-cafe510.com

 

www.trip-cafe510.com

 

www.trip-cafe510.com

 

www.trip-cafe510.com

 

www.trip-cafe510.com