Trip&Cafe

カフェめぐりと海外旅行とネコが大好きなイラストレーターです。過去の事や現在の事をランダムに記事にしていきます♬

Trip&Cafe

タイ⑫ 【ベルトラ】エンジンボートでダムヌンサドゥアク水上マーケットへ! 【水上生活の様子を見られる】

f:id:mlc510:20190717214128j:image

こんにちは! Mocaです☻

 

海外オプショナルツアー『ベルトラ 』で参加した水上マーケット+アユタヤツアーについての記事の続きです! 

前回はココナッツファームへ行った時の記事を書きました。

この記事では、水上マーケット『ダムヌンサドゥアク』へ行くまでに乗船した、エンジンボートから見た異国情緒たっぷりな景色を写真たっぷりでご紹介しています♬

 

 

アユタヤ遺跡ツアーの内容

 

水上マーケット+アユタヤ遺跡ツアーの内容はこんなスケジュール。

Schedule

 

1. 7:00  バンコクの指定ホテル出発

2. 8:00  ココナッツファーム見学

3. 8:30  エンジンボートで水上マーケットへ

4. 9:00  ダムヌンサドゥアク水上マーケット

5. 12:00 バンコク市内のホテルでランチ

6. 14:30 アユタヤ遺跡観光(4ヶ所)

ワットロカヤスタワットプラシーサンペットワットマハータート・ワットヤイチャイモンコン

7. 16:50 象乗り(希望でトラにも触れる)

8. 19:00 ホテル到着

 

 

こんな感じで盛り沢山のツアー‼︎

安かったけどとても楽しめました。

 

1つの記事で全ての行程を書くとめちゃくちゃ長くなるので、記事を分けてご紹介します!

今日の記事ではスケジュール3エンジンボートで水上マーケットへ』について書いています。

 

水上マーケットとは

 

水上マーケットとは、運河に商品を積んだ舟が行き来し、舟同士や舟と岸辺で商品を売り買いする市場の事。

タイの定番観光のひとつで、ココナッツなどの南国のフルーツや帽子に洋服、お土産などを積んだ小舟が運河を行き交う様子は活気があり面白いです。

 

タイ語では『タラート・ナーム』といい直訳すると『水市場』で川沿いに位置する市場全般をこう呼んでいるそうです(まっぷるから引用)

 

水上マーケットは主に3ヶ所!

 

バンコク近郊の水上マーケットは主に3ヶ所! 

 

 ダムヌンサドゥアク水上マーケット(Damnoen Saduak Floating Market)

車で2時間

 アムパワー水上マーケット(Amphawa Floating Market)

車で2時間

 タリンチャン水上マーケット(Talingchan Floating Market)

車で40分

 

この中ではダムヌンサドゥアク水上マーケットが1番活気があり人気なんです!

 

水路からのアクセス

 

ダムヌンサドゥアク水上マーケットへのアクセスは道路からと水路から入る2通りのルートがあるそうなのですが、私が参加したツアーは水路から行きました!

 

ちなみに水上マーケットへは車でしか行けないためツアーで行くのが一般的。

ツアーを使わず、個人で行く場合は結構大変らしいので、楽して行きたい場合はツアーに参加する事をオススメします。

 

 

エンジンボート乗り場へ

 

まずは車ですぐの場所にあるエンジンボート乗り場へ。

タイらしい大きな象の彫刻の前を通過して行きます。

 

こちらの屋根付きエンジンボートで水上マーケットへ向かいます。

 

1番手前側のボートに乗船。

乗る時、少し怖いです。

 

 

水上マーケットへ出発

 

 8:54

出発〜‼︎

20分くらい乗ってたかな。

これすごいスピードが出るんです!

スリルがあって楽しかった〜

ただ、川の水がとても汚そうだったので水しぶきが口に入らないか気になっていました。

 

どんどん進んで行きます。

前に写っている人は1人旅で同じツアーに参加した男性。

私と友人は中央に座り、女子大生っぽい女子2人組は最後尾に座りました。

 

 

水上で暮らしている人の生活

 

エンジンボートからは水上で暮らしている人の生活を見る事が出来ます。

日本では見かけない光景が、新鮮で面白かったので、水上マーケットへ行く際は水路からエンジンボートで行くと2倍楽しめると思います!

 

小さくて赤い神棚みたいの何だろう?

これはかなりの確率でお目にかかりました。

ワンちゃんもいますね。

 

エンジンボートは人が住む民家のすぐ横を通ります。

 

洗濯物が干してあったり、外に出てこちらを眺めている人がいたり、黄色い袈裟を着た僧侶が歩いていたり、川遊びをしている子供がいたり...

 

また、熱帯の植物に囲まれた場所を通ったりもします。

 

夫にこの写真を送ったら『え?洪水!?』と言われた。

言われてみると確かにそう見えなくもないかも。

 

動画です。


 

 

 

 

しばらく進むと他のボートが出現。 

 

こんな手漕ぎボートもあるんですね。

 

水上マーケットの帽子屋さんが通り過ぎて行きます。

こんなふうに、水路は交差点のように入り組んでいるところもありました。

 

 

こちらの男性も何かを売っている様子。

 

写真右側の橋のようなもの、これは通路なのかな?

 

果物を売っている人もいたり。

ダムヌンサドゥアク水上マーケットに近付いてくるとスピードが落ちてきます!

 

水路の両側にお店が出現し始め、そろそろ到着。

 

洋服屋もありますね〜。

 

タイの民芸品などが購入出来るお土産屋も多かったです。

 

アクセサリーのお店もありましたよ〜。

この時はまだ移動中だったので買い物はしないで、通り過ぎるだけ。

買い物をする時は、ボート乗船代が別にかかり、違うボートに乗ります!

 

 

ダムヌンサドゥアク到着

 

 9:10

目的地のダムヌンサドゥアク水上マーケットに到着しエンジンボートを降りました。

バンコク近郊で1番活気があり人気の水上マーケットはダムヌンサドゥアク。

観光客が世界中から来るので、様々な人種の人達で溢れていました。

 

ボートを降りると少しだけ自由時間があったので散策。

 

 

果物屋

 

友達がここで、探していたロンガンを見つけ買っていました。

ロンガンとは小さなじゃがいものような見た目で葡萄みたいに沢山の実が連なっています。

味はライチっぽい南国のフルーツ。

とっても美味しいんです♬

 

 

バナナも美味しそ〜。

後ほどガイドさんがくれました。

 

ちなみにこちらがロンガン。

f:id:mlc510:20190717132743j:image

 

更に奥の方に歩くとジャックフルーツがなっていたよ。

スーパーで売られているのは見た事あるけど、木になっているのは初めて見たかも。

どんな味がするのかな。

 

岸辺の橋から下を見ると賑わいのある水上マーケットが広がっています!

この後はこのボートで買い物に繰り出しました。

 

次の記事では水上マーケット『ダムヌンサドゥアク』で買い物した時の事を書いていきます☻

 

それではまた!

 

 

 

ダムヌンサドゥアクの場所

 

ダムヌンサドゥアク

 

住所:Damnoen Saduak, ダムヌーンサドゥワック ラチャブリー 70130 タイ

ตำบล ดำเนินสะดวก อำเภอ ดำเนินสะดวก ราชบุรี 70130

電話:+66 87 969 3428

時間:7時〜17時 

 

 

 

次の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

前の記事はこちら。

www.trip-cafe510.com

 

 

はてなブログの方は読者登録して頂けると嬉しいです♬